こちらの部屋はマンションの1階北側部分に当たりますが、
冬になると窓の外側は北風の吹き溜まりとなります。

リフォーム前の状況

親子3人の寝室として利用していますが、
北側のを中心としてカビが生えてしまいました。
カビの生えたマンション北側の寝室

原因は、冬の結露によるものです。
特に、窓はインナーサッシ(内窓二重窓)が設置されているにもかかわらず、
結露が原因でカビの生えたカビ

内窓下のにまで水滴が流れ落ちるほどで、
その湿気と壁紙の糊が栄養源となって、
カビは広がっていきました。

広告では、インナーサッシ(内窓=二重窓)は結露に効果的と言われていますが、
状況によっては全く効果がない場合もあります。

『カビ取り』をするだけでは、再発は止まりません。
天井まで梁やカーテンにもカビが生えています。
カビの生えたマンション北側の壁

リフォームの様子をご紹介します。


先ずは、作業前に部屋全体の床養生をします。
カビの生えた壁

通常、天井・壁の内装がビニールクロスの場合、
珪藻土はそれを剥がさずその上に塗っていくことができます。

今回の場合、壁紙の内部にもカビが繁殖しているので
除菌のため壁紙は剥がします。

カビの生えた壁紙を剥がす
内窓(二重窓)のガラス障子を外して、外窓と内窓の枠周りも 除菌・清掃します。

特にひどかった窓下の壁は完全に除菌・漂白しました。

除菌後
除菌後の壁
除菌・漂白前
カビの生えた壁

所々薄くグレーに見えますが、乾くと真っ白になります。

部屋全体の壁紙を剥がし、カビの除菌清掃を終えたら、

完全乾燥を待って防かび処理をします。
防かび処理

壁と天井全域をくまなく防かび処理していきます。

完全乾燥を待って、次は、珪藻土左官です。

珪藻土壁材は、日本ケイソウド建材㈱のエコ・クイーンを採用しました。
エコ・クイーンは下塗り、仕上げ塗りの二度塗りで仕上げていきます。

一度塗りで手軽に仕上がる珪藻土壁材もありますが、
施工後の空気感と、
時間が経つにつれ表面が硬化していきボロボロ落ちないところが良いと思います。
ちなみに弊社のオフィスや社員の自宅にも使っています。

エコ・クィーンには空気中の湿気を吸ったり吐いたりする調湿機能があります。
2度塗りの手間を掛けて、丹念に仕上げますが、
塗り厚も3mm以上になり、湿気がちなお部屋でもカラッとさわやかな空間に変えます。

塗る前には、下地処理をします。
柱型や梁型の出隅には角がキッチリ仕上がるように
コーナー部材を留めていきます。
珪藻土の下地

梁下のコンクリートの躯体の壁に、
壁紙の下の薄紙を剥がす
じかに貼られている壁紙は薄紙まで完全に剥がします。

壁紙を剥がし終えたあと、クラックが入っている箇所にはファイバーテープを貼り、
クラック部分の下地調整

壁と天井全体にプライマーを塗ります。

珪藻土の下地
壁と天井の下地を整える

プライマーは珪藻土を塗る下地面を整え、
下塗り材をシッカリ食いつかせる役割があります。

プライマー塗布後、乾きを待つ間にハンドミキサーで下塗り材を練ります。

珪藻土の下地
壁と天井の下地を整える

下塗り材といっても珪藻土壁材です。

下準備が整い、プライマーも乾いたところで、いよいよ塗りはじめます。
珪藻土を塗る

本職が手にしているのは
珪藻土を塗る道具
しごき鏝(こて)と鏝板(こていた)です。

天井から塗り始めます。

壁に珪藻土を塗る
天井に珪藻土を塗る

下塗り材は濡れている時はグレーですが、乾くと白っぽくなります。

珪藻土を塗る

天井の次は梁部分です。
梁に珪藻土を塗る

そして、壁です。
壁に珪藻土を塗る

下塗りを終えたら完全乾燥を待って仕上げ塗りです。

仕上げ塗りは、最初金鏝(かなごて)で厚めに塗り付けておいて
珪藻土の仕上げ塗り

追っかけ、木鏝(きごて)に持ち替えてパターン付けをしていきます。
壁の珪藻土の仕上げ塗り
二人以上で作業する場合は、役割分担して塗っていきます。

珪藻土壁材にはカビが生えないと広告しているメーカーがあります。

その広告を信じて、多くの方々が珪藻土を採用しています。
しかしながら、カビが生えた事実を何度も聞き、拝見もしました。

メーカーに尋ねると、
『弊社の珪藻土にはカビが生える成分は配合されていません。』という回答でした。

これは、
『ガラスにはカビが生える成分が含まれていません。』と言っているのと同じことです。
しかしながら、実際にはガラス面にもカビは生えます。

珪藻土には空気中の湿気を吸収する性質がありますので、
湿気過多の場所で使用するとかえってカビが生えやすくなる場合があります。

事実、真夏、留守宅で珪藻土を塗った後、
戸締りをして締め切りにしたところ
二日ほどで珪藻土の表面全域にカビが生えたという事例もあるほどです。

カビは栄養分と湿気の条件が揃えば、有効な手立てを講じない限り、
生えてしまうものです。

弊社には、現在まで再発事例はありませんが、
『条件が揃えばカビは生える。』ことを肝に銘じて取り組んでいます。

さて、
珪藻土左官完了後、完全乾燥を待って防かび処理を行います。
噴霧器で吹き付けながら
壁の珪藻土に防かび処理

満遍なくローラー刷毛で塗り込んでいきます。


壁の珪藻土に防かび処理
天井
壁の珪藻土に防かび処理

ジェットヒーターを使って完全乾燥後、
壁の珪藻土に防かび処理
この作業をもう一度繰り返します。

防かび処理後、養生を剥がせば完成です。

所々薄くグレーに見えるところも、防カビ剤が乾燥していくにしたがって白くなっていきます。

防かび処理後
防かびリフォーム後
施工前
防かびリフォーム前

防かび処理直後
防かび処理直後
施工前
防かびリフォーム前

防かび処理直後
防かび処理直後
施工前
防かびリフォーム前

1回越冬後
防かび処理直後

結露が止まらずに最も酷くカビに侵されていた内窓(二重窓)下です。

施工前
防かび処理前

防かび処理直後
防かび処理直後
グレーに見えるところがありますが、乾くと周りと同じになります。

1回越冬後
1回越冬後

3回越冬後
3回越冬後

5回越冬後
5回越冬後
ガラス、サッシ、壁、カーテン共カビは全くありません。

このように、住まいるパートナーでは、
超抗菌・防かび仕様の聚楽壁(じゅらくかべ)(土壁・京壁)、繊維壁、珪藻土などの塗り壁(左官)
仕上げも可能です。

特に弊社の超抗菌・防かび仕様の珪藻土は珪藻土特有の調湿機能等も損なわれませんのでお奨めです。

他社施工の塗り壁でカビにお悩みでしたら、弊社の超抗菌・防カビ仕様の珪藻土をお試しください。
塗り壁の防カビも住まいるパートナーにご相談下さい。

結露・カビの解消でしたら、住まいるパートナーにお任せ下さい。

住まいるパートナーでは
防カビ剤選定の際、『長年に渡る実績』、『現在に至るまでの苦労話』、
そして何よりも、『カビを防ぐことで人助けをしたいという熱い思い』を
ご提供元から直接お聞きして採用を決めました。

ありがたいことに、弊社の『防かび施工』では、現在までのところカビの再発クレームはありません。
施工後の皆様からのお言葉をまとめてみました。




カビ臭さが何処からともなく臭うことはありません。
消臭剤や芳香剤も必要ないので、余分な出費もかかりません。


 普段動かさない家具や荷物をどけてみても、カビ群落が突如あらわれて
 鳥肌が立つ思いもありません。



子供のぜんそくが気になっていたので、
カビが再発しなくなっただけでも心配が減りました。




押入れがカビ臭くなくなったので、布団も気にせずしまうことができるように なりました。
吐き気やムセル思いをすることもなくなりました。



カビ取りはわたしの仕事でしたが、カビ取り剤のきつい臭いを吸い込んでクラクラしたことや、
“また生えてくる”と思いながら掃除するのは、やるせなかったし腹立たしかった。
いたちごっこのカビ取りがなくなって本当に良かった。



咳き込み、かゆみのアレルギー症状も軽くなったようです。




室内の空気中にもカビ菌が浮遊していると思うと、息を吸うのもためらうことがありましたが、
今では気兼ねなく深呼吸できます。



わたしたちは、カビによる、いまわしい過去を一刻も早く忘れ去って、
心身ともに癒されていくことを願っています。

先ほどわたしたちの『防かび施工』は、現在までのところ再発クレーム『0』と申し上げました。

そうは言っても
『カビ取り』と『再発』の繰り返し経験をしているあなたなら、
『本当に、うちのカビにも効果があるのだろうか?半年やそこらで、また生えてきたらどうしてくれるの?』
と 不安をぬぐえないのもごもっともです。

そこで、上記『防かび施工』後、
もし、普通に生活をしていたにもかかわらず、
1年以内にカビが再発し、その旨お申し出いただいた場合には、
再発箇所について無料で補修をすることを保証いたします。

手ごわいカビでお悩みの方は是非お試し下さい。

住まいるパートナーでは、全てのご相談は建築士アドバイザーが承っています。

工事金額は、被害状況と施工内容によって異なりますので、 ご要望のお伺い、現場調査のうえ、
ご案内申し上げます。

ご相談は下記からどうぞ。


防カビリフォームのご相談・お問い合わせ・お見積のご依頼は

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先

お部屋のカビにお悩みなら
防かびリフォームTOPページへ▶▶

<防かびリフォーム工事承り地域>
東京都 練馬区 板橋区 西東京市/埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

ご相談お待ちしております。



最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
弊社ではこの他にも、『防露・防かび・断熱改修工事のリフォーム事例』をご紹介しています。
リフォーム事例は下記からご覧いただけます。

防カビリフォームの事例

部屋で発生するカビの主な原因に栄養源と湿気があげられます。
湿気の自然発生的なものは結露です。

いくら防カビ剤の効き目が高いと言っても、
結露が流れだすような窓周りでは効き目は薄らいで、再発もしかねません。

カビを防ぐには結露を抑えることがポイントですが、
結露の原因となる外部から伝わる冷たさを遮断するのが有効です。

事例では、防かび工事とともに実施した防露・断熱工事もご紹介しています。
結露やカビが酷い場合には、防露・断熱工事も同時に実施することをお奨めいたします。

1.内窓なのに結露が止まらず、カビにお手上げの寝室の改修とその後の経過

リフォーム前
防かびリフォーム後
リフォーム後
防かびリフォーム後
リフォーム前の状況

窓にインナーサッシ(内窓)が設置されているにもかかわらず、親子3人の寝室としてご利用の北側の部屋は結露が止まらず、カビに悩まされていました。

リフォーム概要

◆壁紙の全撤去 ◆窓周りカビ取り・清掃 ◆珪藻土下地除菌・漂白・防カビ処理 ◆壁・天井:珪藻土塗り ◆珪藻土防 かび処理2工程 ◆内窓のガラスをアルゴンガス封入の複層ガラスに入れ替え。

【朝霞市 マンション】  事例を読む »


2.窓の寒さよけの布が原因でカビた壁の防かび改修

リフォーム前

防かびリフォーム後

リフォーム後

防かびリフォーム後
リフォーム前の状況

部屋の北側の外部に面する腰窓からの寒さを防ぐために覆った布が原因で壁にカビが生えてしまいました。

リフォーム概要

◆壁紙剥がし ◆既存壁の下地ボードのカビ取り・防かび処理 ◆壁紙下地処理用の粗パテ、仕上げパテ、 壁紙糊は全て防かび仕様

【板橋区 集合住宅】  事例を読む »


3.北側の窓周りの結露とカビを防ぐ 防露・ 防かび・ 断熱改修工事

防カビ剤塗布作業中

防かびリフォーム後

断熱材施工作業中

防かびリフォーム後
お客様の要望

遊びにくる孫のためにカビが生える壁面と内窓を防露・防かび・断熱仕様にしたい。

リフォーム前の状況

冬、窓の外は北風の通り道となり、内部の壁まで冷やされて結露が生じる状況でした。

リフォーム概要

◆内壁を解体後、コンクリートの躯体にも除菌・防かび処理を実施 ◆防カビ処理した材木を使って壁の軸組 ◆断熱材の入れ込み ◆壁のボード、壁紙下地処理用の粗パテ、仕上げパテも全て防かび仕様 ◆壁紙もオリジナル防かび糊を使って張り替え◆既存の窓の内側につけられていた単板ガラスの防音用アルミサッシ(内窓)を撤去し、結露防止にも、 より効果が高い複層ガラス入りの樹脂サッシへと変更

【中野区 マンション】  事例を読む »


4.結露とカビで傷んだ壁の改修と防かびリフォーム

リフォーム前

防かびリフォーム後

リフォーム後

防かびリフォーム後
リフォーム前の状況

マンションの北西の角部屋です。部屋の模様替えをしようと、家具をどかしたところ壁にカビが生えていただけでなく、 結露でコンセント廻りの壁まで傷んでいました。

リフォーム概要

◆壁紙剥がし ◆壁の既存ボードのカビ取り・防カビ処理 ◆壁紙下地処理用の粗パテ、仕上げパテは全て防かび仕様 ◆壁紙もオリジナル防かび糊を使って張り替え ◆結露でグズグズとなったコンセント周りの壁の補修 ◆カーペット の張り替え

【朝霞市 マンション】  事例を読む »


5.カビた和室の塗り壁(京壁)を防かび処理後、壁紙仕様にリフォーム

リフォーム前

防かびリフォーム後

リフォーム後

防かびリフォーム後
リフォーム前の状況

納戸として使っていた和室を居間として再利用しようとしたところ、塗り壁(京壁)にカビの斑点が現れ、木部にもカビが生えていました。

リフォーム概要

◆カビが生えた既存京壁撤去 ◆京壁撤去後防かび処理 ◆防カビ処理済合板で壁下地を造作 ◆オリジナル防カビ パテによる壁紙下地処理 ◆オリジナル防カビ糊による壁紙張り ◆柱や鴨居等の木部の灰汁(あく)洗とカビ取り後、 防かび処理 ◆テラス窓と肘掛窓のガラスを単板ガラスから複層ガラスに変更 他

【新座市 一戸建住宅】  事例を読む »


防カビリフォームのご相談・お問い合わせ・お見積のご依頼は

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先

<防かびリフォーム工事承り地域>
東京都 練馬区 板橋区 西東京市/埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

ご相談お待ちしております。