マンションの和室⇒洋室
改装リフォームのポイント

N様のリフォームの動機が汲み取れます。

住まいるパートナー
さっそくリフォーム部位とポイントを確認していきましょう。

リフォーム前

リフォーム前の図面

見学者
手前側の7.4帖の洋室と居間・食堂は
正面に見える建具で間仕切られているみたいね。

住まいるパートナー
この建具は、開けると右側の白い袖壁に引き込むことができるんですよ。
開けてみましょう。

リフォーム前のキッチン側

リフォーム前のリビング

見学者
間仕切戸を開ければ、部屋の奥のキッチンにも明かりは届くけど
昼間過ごすなら、燦燦と日が入る窓側のほうがいわね。

改装前の洋室

改装前の図面

住まいるパートナー
そうですね。
そこで、Nさんも隣の和室とともに、
窓側の二部屋分の空間を一体的に使おうと思ったんですね。

見学者
ところが、間仕切壁にある建具は、
片側しか開かない引き違い戸になっているわけね。

リフォーム前の和室

間仕切り戸を広げるリフォーム

住まいるパートナー
だからと言って、2枚とも外しても中途半端な広さだし、 閉めたいときには、わざわざ襖をはめなければなりません。
それに、ベッドルームで使うなら、畳よりフローリング、 収納も押入れよりクローゼットの方がふさわしいと・・・。

リフォーム前の押入

押入れをクローゼットにリフォーム

住まいるパートナー
それならいっそのこと 洋室に改装した方がいいだろうと思ったわけです。

見学者
確かに、和室の6帖と洋室の7.4帖が一体的に使えると 南の窓側に13.4帖分のリビングができるわけですものね。

リビングを広々使える間仕切り戸

住まいるパートナー
ただ、普段はガバッと開けられて、
間仕切りたいときだけ、サッと閉められるようにするには、 間仕切壁を引込戸にすると便利なわけです。

見学者
景色が良いので、間仕切りがなくなると
とても開放的になりそうね。

リフォーム前の間仕切り戸

間仕切り戸を広げるリフォーム

ポイント

N様邸に見る、おさえておきたい
和室を洋室にするツボ

住まいるパートナー
ところで、和室を洋室にするには、
どんなところを変更すれば良いと思いますか?

見学者
当然、畳はフローリングの床にしなければね。

畳からフローリングに

見学者
押入れは、クローゼットにして

押入れはクローゼットに

リフォーム前の押入

内部はハンガーが掛けられるようにしたいわね。

見学者
それから・・・入口や間仕切の建具も襖からドアにして・・・、
掃き出し窓の障子も洋室らしくないから、これも外さないとね。
このくらいかしらね?

和室から洋室にリフォーム

住まいるパートナー
障子を取り去っただけで、敷居と鴨居をそのままにすれば和室の痕が残りますよ。
それに、フローリングにするなら、畳と壁との取り合い部は、畳寄せを撤去して、
『巾木』を取り付けると洋室らしくなりますね。

見学者
そうか!そこまでは、気がつかなかったわ!
結構変更箇所ってあるのね。

ポイント

N様邸にはない
和室⇒洋室改装のツボ

住まいるパートナー

ところで、N様邸にはない和室⇒洋室改装のポイントもあります。

洋室らしくならないリフォームとして、2つほど加えておきましょう。

一つは、既存の和室天井仕上げを残してしまうケース。

今、和室にいる方は天井を見上げてみてくださいね。

よく、和室の天井では、
縦方向に約45㎝毎に天井材に継手がある目透かし天井や、 20㎜程度の部材(竿)を取り付けたイナゴ天井(竿縁天井)
があります。

和室の天井
目透かし天井

目透かし天井の多くは、
表面に柾目や板目の木目柄の板を貼ってありますが、 そのままでは、壁紙は貼れません。
また、イナゴ天井でも竿があるので同様ですね。

和室の天井
イナゴ天井

洋室らしさをかもし出すには、
これらを変更するなり工夫することがポイント
ですね。

二つ目は、柱・長押(なげし)等の和室ならではの “あらわし”の造作部材をそのままにしてしまうケース。

一戸建住宅の和室の多くは、
柱が見える壁のつくりになっています。

これを『真壁』といいますが、
洋室では、一般的に柱が壁の表面に出てこない『大壁』となっています。

また、畳から180㎝ほどの高さの所に柱と柱を結ぶ 『長押』という横材もありますが、 これも、和室ならでは内装の仕上げで、 洋室にする場合は取り外してから大壁にします。

見学者
和室ならではの仕上げが残っているとアンバランスになるのね。

住まいるパートナー
そうですね。
ただ、床を畳からフローリングに変えるのと、 洋室にするというのでは、意味合いが変わってきますね。

これらのポイント外さなければ、しっかり洋室に変身しますよ。

工事前の打ち合わせが続いているようですが、

リフォーム前の打合せ

リフォーム前の調査

住まいるパートナー
和室⇒洋室へのリフォーム工事のポイントはつかめましたか?
N様邸のリフォーム工事は、下記のバナーをクリックするとご覧いただけます。

弊社のリフォームは、建築士があなたと同じ目線に立って、 解決方法を一緒に考えていき、職人たちと我が家同然の思いで丹精込めて仕上げていきます。
リフォーム業者をお探しで 『仕事振り』 も大切だとお考えでしたら、是非、弊社にお任せ下さい。

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先