当ウェブページを初めてご覧になる方へ。
このウェブページでは、弊社が施工したマンション改装リフォームの一環として実施したトイレリフォーム事例をご紹介しています。
ご希望の方にはリフォーム工事もお受けしています。

さて、早速、ご紹介に移りましょう。

TOTO の腰掛式タンク密結形サイホン防露便器セットCFS381BAを リフォーム前のTOTOのトイレ LIXIL手洗いカウンター付便器に入れ替えます。
便器に向かって左側の壁に給排水統合型の手洗いカウンターを取り付けます。

便器に向かって右側にはⅬ型手すりを取り付けます。

リフォーム前のトイレ
リフォーム前のトイレ

便器解体・撤去

先ずは既存のタンク・便器、タオル掛け、紙巻き器等を撤去します。

便器を撤去する
便器を撤去した後

壁紙剥がし

次に壁紙を剥がします。

トイレの壁紙を剥がす
トイレの壁紙を剥がす

手洗いカウンター用木下地とⅬ型手すりの取り付け

施工説明書には『カウンターは間柱への固定以外に、ボードへプラグ使用による取り付けも可能』との記載があります。
ところが、注意欄には『設置するカウンターの許容積載質量は10㎝×10㎝あたり0.5kg以下』とあり、『破損や落下によるけがの恐れがあるので、棚に品物を過剰にのせたり、手をついたりしないでください。』とも書かれています。便器の脇に設置する棚で商品名もカウンターと称するのに、手をつくことができないのはいかがなものかと思います。
手で触れたり可動するものをしっかりとした下地に留めずに石膏ボードにプラグ留めして、破損やゆるみ、外れているケースを時々拝見いたします。ましては、カウンターともなればメーカーはしっかりした下地への取り付けを推奨すべきではないかと思います。

弊社ではできるだけしっかりした下地への固定をお勧めしています。

今回は、木下地を壁に入れ込み、手洗いカウンターの他、キャビネット、ペーパーホルダー、リモコンを取り付けます。
まずは、手洗いカウンターを設置する寸法に合わせて合板をカットします。 下地用の合板を切る

切った合板を型として壁に押し付け 合板をトイレの壁にあててみる

埋め込む位置に印を付けます。 合板を埋め込む位置に印をつける

壁を撤去していきます。 壁を一部撤去する 壁の内部には間柱(スタッド)がありますので、合板下地はスタッドに留めます。

新規の合板下地と既存の石膏ボード壁との接合部分の裏側には木端を入れ込み繋ぎ留めて壁の強度を高めます。

木端をカットする
木端を留める

上下の壁を繋ぐ木端が入れられ、細かいピッチでビスが留められているのがお分かりいただけると思います。

細かくビスを留める
トイレに下地の入った壁

便器に向かって右側の壁には元々、手すり用の下地が入れられているので、

手すりの位置を確認する
L型手すりを取り付ける位置に印をつける

L型手すりは直接取り付けます。

Ⅼ型手すりは、横手すりの芯が床から65㎝、縦手すりの芯が便器背面の壁から92㎝になるように設置します。

L型手すりをつける
トイレにL型手すりをつける

手すりは仮留めしておき、内装工事終了後に本留めします。

手すり取付後
L型手すり取付後

以上で事前の木工事は完了です。

壁紙下地パテ処理

続いて内装工事です。壁の不陸を調整するパテ処理です。 パテを準備する

パテを混ぜる

木下地とボードとの取り合い、ビス頭をパテ処理します。

トイレの壁にパテ処理をする
パテ処理後のトイレ

最初のパテ処理が終わりましたが、不陸が収まりきらないので、もう一度実施します。

壁の不陸を確かめる
パテを準備する

パテを塗って壁を平滑にする
重ねてパテ処理をして壁の不陸を解消する

2度目のパテを打ち終えました。 2度目のパテを打ち終了後

だいぶ乾いてきました。 パテが乾いたところ

アクセントウォールに
アイニ・ヴァーリのコロナ

仮留めしたⅬ型手すりを一旦外し、ビスのみ取り付けておきます。

トイレの手すりを外す
壁紙を貼る前

便器背面に使う壁紙への糊付けです。

アクセントクロスの糊付け
トイレのアクセントクロス

この壁紙のデザインは1820年に創業された北欧フィンランドの最古のテキスタイルメーカーFinlayson(フィンレイソン)社の自社内のデザインアトリエで、アイニ・ヴァーリによって生み出されたものです。1820年ダンペレ(フィンランド)に設立した紡績工場の敷地内には、学校や図書館、教会などの施設が作られ、フィンランド最大の工業都市として発展を遂げました。1951年にはフィンランドで最も早く自社内にデザインアトリエを設立。本デザインのCORONNA(名称コロナ)は1958年に生まれ、何十年もの間、親しまれている人気のクラッシック柄で1950年代の典型的なパターンです。スタイリッシュで時代を感じさせないデザインは「毎日の生活に美を」という当時のキャッチフレーズを象徴的に表しています。

便器背面のアクセントウォール以外の壁は縦ストライプ柄を使います。

壁紙の糊付け
縦ストライプの壁紙

一辺が5㎜~10㎜程度の長方形の割石調の白いタイル柄を天井を張った後、 壁にはアクセントウォールを張りますが、 せっかくの『コロナ』なので、柄の位置決めに30分ほど掛けました。 トイレのアクセントクロス張り

いかがでしょうか? アクセントクロスを張ったトイレ背面

アクセントウォールの後は、ストライプ柄の壁紙を貼っていきます。 ストライプ柄の壁紙を貼る

貼り終えたところで器具付けです。Ⅼ型手すりを元に戻します。 L型手すりを取付る

換気扇のカバーも取り付けます。

換気扇のカバーを取り付ける
器具付け後

タソスホワイト柄の
クッションフロア貼り

続いてクッションフロアを張り替えます。
エーゲ海の北部、ギリシャ・タソス島で採れる純白にクリスタルの結晶が入る大理石 タソスホワイトをモチーフとしてつくられたクッションフロアを貼っていきます。

先ずは既存のクッションフロアを剥ぎ、部屋の大きさを採寸し、

既存のクッションフロアを剥ぐ
部屋の大きさを採寸る

貼り付けやすい大きさに準備しておいてから、クシ目ヘラを使って床全面に糊付けします。

大きめにカットする
床に糊付けする

オープンタイムを取ってから張り始めます。

糊付け後に時間をあける
クッションフロアを張る

壁際で切り落とし、しっかり填圧します。

クッションフロアをカットする
クッションフロアをしっかりと鎮圧する

壁と床との取り合いには白いソフト巾木を貼り付けます。
巾木を張る前のトイレ

ソフト巾木貼り

巾木糊を塗って、オープンタイムをおいてから張り始めます。

巾木糊を塗る
巾木を貼る

ソフト巾木施工前 ソフト巾木施工前
ソフト巾木施工後 ソフト巾木施工後

内装リフォーム後のトイレ

手洗いカウンター付きトイレ
(プレアスLS)取り付け

いよいよ手洗いカウンター付便器の部材が運ばれてきました。 梱包された便器

先ずは、開梱して作業準備です。 開梱して作業準備をする

取り付けは手洗いカウンターからです。先ずはカウンターが載る側板と配管カバー固定金具を背面の壁に固定します。

側板と配管カバー固定金具を背面の壁に固定する
側板と配管カバー固定金具を背面の壁に固定する

金具を取り付け後

続いて背板を水平に固定し、 背板を水平に固定する

ブラッケットを取り付け、その上にカウンターを載せて下から留めます。

ブラッケットを取り付ける
カウンターを下から留める

次に手洗いキャビネットを取り付けます。 手洗いキャビネットを取り付ける

手洗器取り付け面に型紙を張り付けて、手洗器を引っ掛けるバックハンガーを取り付けます。 手洗器を引っ掛けるバックハンガーを取り付ける

手洗いキャビネットに排水用の部材(テールピース)を取り付けてから、バックハンガーに手洗器を引っ掛けながらキャビネットにのせます。 手洗い器付きキャビネットの設置

給水ホースはカウンター下に通しておき後ほど分岐水栓に接続します。 給水を分岐水栓に接続 だいぶ形になってきました。

続いて便器を取り付ける準備です。先ずは便器の排水ソケットを取り付けます。排水ソケットには手洗器の排水ホースを接続する排水エルボが付いています。 排水ソケットを取り付ける

手洗器からの排水は排水トラップ介して排水ホースを通り排水エルボに接続されます。

手洗器からの排水を排水エルボに接続する
手洗器からの排水を排水エルボに接続する

給水ホースと排水管をホースバンドで背板に固定してから、カウンター下の幕板と配管カバーを取り付けます。

幕板と配管カバーを取り付ける
配管カバーを取り付ける

ペーパーホルダーのビスも木下地にしっかり効いています。 ペーパーホルダーの取付

手洗いカウンターが凡そ組みあがったところで便器を設置します。

便器を運ぶ
便器を設置する

専用止水栓に交換し、給水接続します。

給水の接続をする
便器を設置する

洗浄便座用のリモコンも木下地にしっかり効いています。

リモコンの取付
プレアス設置後

仕上げにコーキングを打設します。カウンター、手洗器、キャビネットと壁との隙間、 便器と床材との間をシーリングします。先ずは、マスキングテープでシール養生し、

隙間にシーリングを打つ
養生をしてシーリングを打つ

コーキング打設後、 コーキング打設

ヘラで均していきます。 ヘラで均す

最後に手洗いキャビネットに扉を取り付け、清掃すれば、 キャビネット扉をつける

手洗いカウンター付き便器(プレアスLS)の取り付け完了です。

リフォーム後のプレアス リフォーム後
リフォーム前のトイレ リフォーム前

キャビネットの扉の取手がタオル掛けになっています。

手洗い付きトイレにリフォーム後 リフォーム後
リフォーム前のトイレ リフォーム前

Ⅼ型手すりも付きました。

リフォーム後の手洗い付きトイレ リフォーム後
リフォーム前のトイレ リフォーム前

アイニ・ヴァーリのアクセントウォール、タソスホワイトの床、細い縦ストライプの壁紙と白いソフト巾木が相まって、清楚で清潔な感じに仕上がりました。

リフォーム後のトイレ最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

トイレはたびたびリフォームするものではないので、お宅に合う使いやすいものをお選びいただきたいと思います。

住まいるパートナーでは、建築士アドバイザーによる現地調査を行い、ご要望をお伺いした上でご提案を差し上げています。

また、施工では仕上がってしまうと隠れてしまう部分も、正規施工を遵守し、時にはそれ以上の仕様に努めていますので、ご安心してお任せ下さい。

他社で難しいと言われたリフォーム工事やこだわりのトイレリフォームも是非お声掛け下さい。歓迎です。

ポイントウォール等の壁紙リフォーム事例はこちらでもご覧いただけます。→内装リフォームトップページ
メールでのお申し込みはこちらから
電話でのお申し込みは048-466-1141まで

トイレリフォーム工事の承り地域
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 
東京都 練馬区 板橋区 西東京市 周辺



以下では弊社施工のトイレリフォーム事例をご覧いただけます。

押入を大容量埋め込み収納付きのトイレにリフォーム

トイレ増設前

リフォーム前

トイレ増設後

リフォーム後

お客様の要望

  • 洋室を高齢となる母の寝室に改装し、ミニキッチンを設け、押入は大容量の埋め込み収納付きのトイレにしたい。

リフォーム概要

 洋室を高齢となるお母さんの寝室に改装する工事の一環として、押入を大容量の壁埋め込み収納付きのトイレに改修しました。壁厚を利用した埋め込み収納は大容量ながらも邪魔にならず、備品・用品類の補充回数も減りました。トイレ内には窓が付けられなかったので照明器具のオン・オフと連動する換気扇にし、入口片引戸は換気ガラリ付きにしました。

板橋区双葉町 一戸建て住宅】 事例を読む »


手洗いカウンター付きトイレ
(プレアスLS)へのリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

リクシルプレアスにリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 洗浄便座に特別な機能は望まないが手洗いカウンター付き便器にしたい。
  • 手洗いカウンターと手すりの取り付けはしっかりお願いしたい。

リフォーム概要

施工説明書には『カウンターは間柱への固定以外に、ボードへプラグ使用による取り付けも可能』との記載がありますが、注意欄には『設置するカウンターの許容積載質量は10㎝×10㎝あたり0.5kg以下』とあり、『破損や落下によるけがの恐れがあるので、棚に品物を過剰にのせたり、手をついたりしないでください。』とも書かれています。手で触れたり可動するものをしっかりした下地に留めずに石膏ボードにプラグ留めして、破損やゆるみ、外れているケースを時々拝見いたします。ましてや、便器の脇に設置する棚で商品名もカウンターと称するのに、手をつくことができないのはいかがなものかと思いましたので、木下地を壁に入れ込み、手洗いカウンターの他、キャビネット、ペーパーホルダー、リモコンも取り付けました。 壁紙には北欧フィンランドの最古のテキスタイルメーカーFinlayson(フィンレイソン)社の自社内のデザインアトリエで、アイニ・ヴァーリによって1958年に生み出された『CORONNA(名称コロナ)』を採用いたしました。何十年もの間、親しまれている人気のクラッシック柄で1950年代の典型的なパターンです。スタイリッシュで時代を感じさせないデザインは「毎日の生活に美を」という当時のキャッチフレーズを象徴的に表しています。
※トイレ空間 : 幅831㎜×奥行き1,341㎜

朝霞市溝沼 マンション】 事例を読む »


TOTOレストパルを使った満足トイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

レストパルにリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

トイレ用品や清掃道具を入れる、できればスッキリと仕舞える収納が欲しい。換気扇も交換して欲しい。

お客様のご感想

 最後までレストパル給排水統合型のシステムトイレにするか悩みましたが、選んで大正解でした。
トイレ改装なさる方で、もしお悩みなら是非お奨めいたします。便器背面の収納にたくさん色々仕舞えるので見苦しさが無くなりますよ。
 ※トイレ空間 : 幅833㎜×奥行き1,663㎜×天井高2,103㎜
 ※リフォームの内容とレストパルの機能をお伝えする内容説明編と工事の様子をご紹介したリフォーム工事編の2編でご覧いただけます。

練馬区石神井台 集合住宅】 事例を読む »


トイレの壁厚を利用して手洗器と小物収納を増設したトイレ改装

タンクレストイレにリフォーム前

リフォーム前

タンクレストイレにリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 既存の背面キャビネットは活用したい。
  • 便器前方空間を広くし、使いづらい背面の手洗い器を止め、前方に移設したい。
  • 便器周りを清掃しやすくしたい。

リフォーム概要

 マンション改装工事の一環としてのトイレリフォームです。内装は壁を上下で見切り、違う素材にしました。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
※トイレ空間 : 幅800㎜×奥行き1,770㎜ (床の奥行き寸法1515㎜)

杉並区荻窪 マンション】 事例を読む »


隅付タンクの便器を手洗い器キャビネット付き便器に入れ替えたトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 便座の高さはご主人の体型に合わせてほしい。
  • 奥行が狭いのでできるだけ便器前方空間を広げたい。
  • 便器の周囲は掃除をしやすくしてほしい。
  • 小物収納がほしい。
  • 2連のペーパーホルダーにしたい。
  • 改修後も手すりは付けたい。

リフォーム概要

 改装工事の一環としてのトイレリフォームです。トイレの奥行き寸法が短いので、できるだけ前方空間が広がるようにしました。 リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間 : 幅840㎜×奥行き1,070㎜

杉並区荻窪 鉄筋コンクリート住宅】 事例を読む »


給排水統合型便器を利用した手洗い器設置のトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 便器背面の手洗い器が使いづらいので便器前方に持ってきたい。
  • 自然素材のコルクの床をお掃除しやすいものにできないか。

リフォーム概要

 ※壁に珪藻土を塗ったトイレリフォームです。便器前方空間を広げつつ手洗い器を設置しました。 リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間:幅800㎜×奥行き1,200㎜

杉並区宮前 マンション】 事例を読む »


給排水配管工事をしないで手洗いカウンターを新設するトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 小物が飾れるカウンターと便器前方に手洗い器を取り付けたい。
  • 内装をシックなイメージにしたい。
  • 便器周りを清掃しやすくしたい。

リフォーム概要

 内装は、シックな配色を意識しつつ、バリ小物が似合うイメージで仕上げました。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間:幅810㎜×奥行き1,455㎜

朝霞市岡 マンション】 事例を読む »


和式から洋式トイレへのリフォーム1

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 和便器を替えるだけでなく内装も洋風にしてもらいたい。
  • 冬、足元が冷たいので対策をして欲しい。
  • リーズナブルな機器にして欲しい。
  • コンセントを増設して、洗浄便座を付けたい。

リフォーム概要

 隅付きタンクの和便器を洋便器に変更しただけでなく、床・壁・天井も造り替えました。壁で柱を覆い真壁から洋風仕立ての大壁にしました。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間 : 幅840㎜×奥行き1,290㎜

新座市馬場 在来木造一戸建て住宅】 事例を読む »


トイレ空間に上階からの排水配管の柱型があるマンションのトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • ご主人の憩いの場なので、落ち着ける空間にしたい。
  • 内装色は、ピンク系にまとめたい。
  • 手洗い器は不要
  • 洗浄便座が使えるようにコンセントを設置したい。
  • 今は便器も室内空間も凸凹が多いので、スッキリさせて清掃しやすくしたい。

リフォーム概要

 隅付きタンクの洗い流し式の床上排水便器の給水栓まで移設してリフォームしました。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間 : 幅905㎜×奥行き1,315㎜

朝霞市根岸台 集合住宅】 事例を読む »


床がブヨブヨ沈む幅780㎜×奥行1100㎜のトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 便器の前方空間を広くしたい。
  • トイレでの立ち座りを補助する掴まり手すりがほしい。

リフォーム概要

 H様は、トイレの床がブヨブヨになったのをきっかけに、リフォームをなさることになりました。トイレの奥行空間が狭いので、前出寸法の少ない便器を取り付けました。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間 : 幅780㎜×奥行き1,100㎜

朝霞市栄町 在来木造一戸建て住宅】 事例を読む »


便器周りも掃除がしやすい広さに合ったトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 長く使っていくものなので、機能的なものにしたい。
  • 少しでも広くなれば良いかもなぁ?

リフォーム概要

 こちらは、一体式洗浄便座の修理のご相談でしたが、リペアパーツの供給期間が過ぎていて修理ができませんでした。そこで、便器とともに内装のリフォームもすることになりました。便器についてはトイレ空間が清掃しやすいように部屋の大きさにマッチしたものをお選びいたしました。新しい便器では便器前方空間が120㎜、左右の空間もご覧のように広がりました。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間 : 幅780㎜×奥行き1,240㎜

朝霞市本町 在来木造一戸建て住宅】 事例を読む »


前方空間を16cm広くしたタンクレス便器を使ったトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • タンクレス便器にして前方空間を広げたい。

リフォーム概要

 修理部品の供給期間が過ぎ、修理不能になったタンク一体型洗浄便座を新たなタンクレス便器に交換したことで、
前方空間が160㎜広がりました。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間 : 幅1,185㎜×奥行き2,110㎜

新座市栄 在来木造一戸建て住宅】 事例を読む »


古く傷んだプリント板の壁を重ね張りで補強し壁紙仕上げにしたトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 便器交換で、保温便座を洗浄便座に交換したい。
  • 手すりを取り付けてもらいたい。

リフォーム概要

 改装工事の一環として、トイレもリフォームいたしました。 一見リフォームしたことが分かりにくいのですが、窓以外の全てに手が加えられています。リフォームの詳しい内容もご覧いただけます。
 ※トイレ空間 : 幅775㎜×奥行き1,290㎜

新座市野火止 在来木造一戸建住宅】 事例を読む »


アース付きコンセントを新設し洗浄便座を設置したトイレリフォーム

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • トイレにコンセントを設置して、洗浄便座が使えるようにしたい。

リフォーム概要

 集合住宅改装工事の一環として、アース付きコンセントを隠蔽配線で新設し、洗浄便座を設置いたしました。作業の様子もご覧いただくことができます。
 ※トイレ空間 : 幅780㎜×奥行き1,070㎜

和光市諏訪原団地 事例を読む »


和式から洋式トイレへのリフォーム2

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 和便器を洋便器に替えると同時にコンセントを新設して、洗浄便座が利用できるようにしたい。
  • 既存の窓の換気扇を撤去し、窓上の換気口に換気扇を新設してもらいたい。

リフォーム概要

 在来木造住宅の和式トイレ洋式トイレにリフォームしました。京壁の上に下貼りして壁紙仕様としました。下がり壁の既存換気口を利用して新たに換気扇を取り付け窓付け換気扇は撤去しました。
 ※トイレ空間 : 幅810㎜×奥行き1,685㎜

板橋区徳丸 在来木造一戸建て住宅】 事例を読む »


タイル床を高耐久床材に張り替え,タイル壁にコンセントを増設し,暖房便座付き便器に交換

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 便器は暖房便座付きにしたい。
  • できれば、壁のタイルを活かしたい。
  • 冬冷たいタイルの床を替えたい。

リフォーム概要

 コンセントを増設するのに床下に潜って配線し、隠ぺい配線としました。
 ※トイレ空間 : 幅780㎜×奥行き1,170㎜

西東京市泉町 在来木造一戸建住宅】 事例を読む »


畳半帖のトイレの和式便器を洋式に変更

トイレリフォーム前

リフォーム前

トイレリフォーム後

リフォーム後

お客様の要望

  • 畳半帖の和便所を洋便所に変更したい。

リフォーム概要

 畳半畳のトイレの広さを変えずに洋式便器が使えるようにリフォームしました。小技を利かせたリフォームをご紹介します。
 ※トイレ空間 : 幅805㎜×奥行き805㎜

朝霞市本町 在来木造一戸建て住宅】 事例を読む »


住まいるパートナー
 最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました。
 住まいるパートナーでは、建築士アドバイザーによる現地調査を行い、ご要望をお伺いした上でご提案を差し上げています。

トイレは一旦リフォームすると長い期間ご利用いただく傾向がありますので、お宅に合う使いやすいものをお選びいただきたいと思います。

トイレリフォームのご相談は以下からどうぞ。

お電話でのお問い合わせ先 メールでのお問い合わせ先

トイレリフォーム工事承り地域>

埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市/
東京都 練馬区 板橋区 西東京市 周辺

ご相談お待ちしています。