お客様のご要望

『孫が遊びに来る際の寝室となるこの部屋をカビから防ぎたい。』

そんな思いにお応えします。

一見何ともなさそうに見える窓周りですが、 リフォーム前の窓周り

よく見ると天井と壁との取り合い部が黒ずみ、 リフォーム前のカビ

窓周りの壁だけ壁紙の柄も他と違っています。 防カビリフォーム前 カビが生えたため、違う柄の壁紙を上から貼ったそうです。

この壁は北向きの外壁面を背にしていて、
冬になると北風で冷やされて結露します。
この結露と壁紙の糊を栄養源としてカビは繁殖していきます。

リフォームの概要

  • 壁の結露を防止するため壁の内部に断熱材を入れ込みます。
  • 防かび処理によってカビの発生を防ぎます。
  • 複層ガラス入りの樹脂製インナーサッシ(内窓)への交換によって、窓周りの結露を防ぎます。

以上の防露防かび断熱工事を行います。

それでは、作業の様子をご紹介します。

先ずは、工事を始める前に玄関から居室の床まで養生します。 リフォーム前の養生

内部の荷物はほとんど片付いていますが、移動できなかったベッド周りだけ養生します。 養生をします

家具の回りも養生

カーテンレールを外し、 カーテンレールを外す

防かび処理する壁と、 窓周りの防カビリフォーム

天井に印をつけ、カッターで壁紙に切れ目をいれてから、 防カビ断熱リフォームします

剥がしていきます。 壁紙を剥がす

次に窓側の壁を解体していきます。 窓側の壁を解体

内側のボードを剥がすと、コンクリートの躯体が現れます。 コンクリートの躯体

ボードは団子状になったGLボンドと呼ばれる接着剤で 躯体と所々固定されていますので、 GLボンド

それらは、全て撤去します。 リフォーム前の押入

GLボンドを撤去

新規の壁

コンクリートの躯体には、
新しく壁のボードを固定する木下地を約30cmピッチで取り付けて、 間に断熱材を挟みこんだ後、ボードを張っていきます。

カビは湿気だけでは生えませんが、 壁のボードを固定する木下地が栄養源になる可能性があるので、 事前にコンクリートの躯体を清掃した上で、防かび処理を施します。

防カビ処理

壁紙に印をつけたところまでは、 コンクリートがむき出しになるまで剥がします。 壁紙はきれいに剥がす 水で濡らして、

スクレパーできれいに剥がします。 防カビ処理の前

清掃後、躯体が乾いたら 清掃後

躯体への防かび処理をします。
入隅部分や凹みも刷毛を使ってしっかり入れ込み、 躯体の防カビ処理

噴霧器を併用しながら塗り込んでいきます。 防カビ剤を塗る

塗り終わった後は、完全乾燥させます。
湿気をジェットヒーターでしっかり取り除きます。

しっかりと乾燥させる
防カビ断熱リフォーム

壁の木下地造作

壁の木下地になる材木は、事前に防かび処理 を施しておきます。

木下地用の木材も防カビ処理

造作で切断した面にも防かび処理をします。 木材の切断面も防カビ処理

材木を梯子状に組み 下地の準備

躯体の不陸にはパッキンを挟み込んで調整しながら固定していきます。 不陸の調整

窓上も同様に固定します。 窓上も下地をつくる

木下地を固定し終えたところで、ビスが熱橋となって 冷たさがボードの表面に伝わらないようにビス頭にも一手間掛けます。

窓周りの断熱工事

次に、断熱材を木下地間の寸法に合わせて切り、挟み込んでいきます。

断熱材を切る

断熱材は 出来るだけ隙間がないようにすることが大切です。

壁に断熱材を入れる
断熱材を入れる

断熱材はを入れ終えたら、ボードを張っていきます。 

ボードを張る
断熱材の上にボードを張る

この後にも、ボードに防かび処理をし、完全乾燥させます。 ボードの防カビ処理

次に内装工事となります。
天井と壁の壁紙、ソフト巾木は一部屋全て張り替えます。

まずは、壁紙を貼る面の下地を平らに整えるためにパテ処理を行います。
弊社では、基本的に2度のパテ処理を実施いたしております。

また、防露・防かび・断熱リフォームの際は、 粗パテ(一度目のパテ処理)、仕上げパテ(粒子の細かいパテ)とも、 弊社オリジナルの防カビ剤配合パテを使用します。

防カビ剤配合パテ

この写真は、最初に打つ粗パテの作業です。
乾くと白っぽくなります。 粗パテ

下は仕上げパテ処理が終わったところです。 仕上げパテ後 仕上げパテは乾くと黄色くなります。
下地の不陸が激しい場合は、パテ処理は2度以上になることがあります。
これは一度に多くのパテを盛ることが出来ないからです。

パテの乾きを待っている間に、壁紙の糊付けを行います。 壁紙の糊付け

弊社オリジナルの防カビ剤配合の壁紙糊を使用します。

仕上げパテ完全乾燥後、 ペーパーヤスリ等で表面を均します。

張り出しの部分に 『ジョイントコーク』 を挿してから壁紙を張っていきます。

壁紙を張る

これは、際からの剥がれを防止するためです。

梁は、横貼りにして、継ぎ目が出ないようにしました。

継ぎ目がないように壁紙を張る

最後の一枚が張り終わって、 防カビリフォーム

仕上がりました。

防カビ、断熱リフォーム後 リフォーム後
リフォーム前 リフォーム前

窓際の壁と天井には、壁紙施工後、 表面にも防かび処理を施してあります。

防露効果が高い内窓への変更

こちらのお宅では、もともと、幹線道路からの騒音を遮断するために 単板ガラスのアルミサッシが内窓として設置されていました。 リフォーム前のサッシ

今回の断熱工事に先立ち、窓周りの防露効果を高めるため 複層ガラスで樹脂製フレームの内窓への入れ替えも実施しました。

リフォーム前の窓 リフォーム前
リフォーム後の窓 リフォーム後

これにより、窓ガラスとフレーム部分の結露は無くなり、防音効果も高まったそうです。

・・・

さて、下の写真は、
工事後1年経過したところですが、壁紙はきれいなままでした。 リフォーム前の押入

下は、施工前カビが目立っていた天井と壁の取り合い部分を接写したものです。

防カビ施工後 リフォーム1年後
防カビ施工前 リフォーム前

カビの再発はありません。

弊社の 『防露・断熱・防かび施工』 が、 食い止めにくいカビに安定した効果があるのは、 カビの発生状況を鑑み、 建物構造上の防露・断熱工事と防かび処理を同時に施すからです。

高気密住宅では、弊害としてカビが健康上の大きな問題となっています。
というのも、カビはアレルギー疾患の原因となるダニの餌ともなるからです。⇒ダニに関するご説明

健康を害するダニの繁殖を防ぐためにも、 ムラ無く安定した効果のある弊社の防かび施工をご利用下さい。

『結露・カビ・断熱についてのリフォーム』は、 建物構造上からの対策及び防かび処理の双方から解決を図れる住まいるパートナーにお任せ下さい。



防カビリフォーム後のご感想

皆様の防カビリフォーム後の感想をまとめてみました。
防かび施工後の暮らしぶりは・・・


カビ臭さが何処からともなく臭うことはありません。消臭剤や芳香剤も必要ないので、余分な出費もかかりません。


 普段動かさない家具や荷物をどけてみても、カビ群落が突如あらわれて鳥肌が立つ思いもありません。




 子供のぜんそくが気になっていたので、カビが再発しなくなっただけでも心配が減りました。




 押入れがカビ臭くなくなったので、布団も気にせずしまうことができるように なりました。
 吐き気やムセル思いをすることもなくなりました。



 カビ取りはわたしの仕事でしたが、カビ取り剤のきつい臭いを吸い込んで苦しくなったり、目が痛くなったりしながら、“また生えてくるのかな?”と思いながら掃除するのは、やるせなかったし腹立たしかった。
 いたちごっこのカビ取りがなくなって本当に良かった。



 咳き込み、かゆみのアレルギー症状も軽くなったようです。




 室内の空気中にもカビの胞子が浮遊していると思うと、息を吸うのもためらうことがありましたが、今では気兼ねなく深呼吸できます。



 わたしたちは、カビによる、いまわしい過去を一刻も早く忘れ去って、心身ともに癒されていくことを願っています。

お電話でのお問い合わせ先
メールでのお問い合わせ先

防かびリフォーム工事承り地域

埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市
/東京都 練馬区 板橋区 西東京市 周辺

以下のWebページも読まれています。



 以下の事例でも防カビ・防露・断熱リフォーム工事の様子はご紹介していますのでご覧ください。

防カビ・断熱・防露リフォーム事例

 部屋で発生するカビの主な原因に栄養源と湿気があげられます。湿気の自然発生的なものは結露です。

 いくら防カビ剤の効き目が高いと言っても、結露が流れだすような窓周りでは効き目は薄らいでいき、再発もしかねません。

 カビを防ぐには結露を抑えることがポイントですが、結露の原因となる外部から伝わる冷たさを遮断するのが有効です。

 事例では、防かび工事とともに実施した防露・断熱工事もご紹介しています。

 結露やカビが酷い場合には、防露・断熱工事も同時に実施することをお奨めいたします。

内窓(二重窓)なのに結露が止まらずカビにお手上げの寝室の防かびリフォームとその後の経過

カビの生えた北側の部屋

リフォーム前

防かびリフォーム後

リフォーム後

リフォーム前の状況

 親子3人の寝室として利用している洋室です。以前他社で、窓の結露を防ぐためのインナーサッシ(内窓・二重窓)取り付けのリフォームをしましたが、全く効果がありませんでした。
 カビ取り剤で掃除をしてもすぐに再発する状況で、部屋の大部分にカビが蔓延。特に窓下はご覧の通り、下地のボードにまで及んでいてお手上げ状態です。

リフォーム概要

壁紙の全撤去 窓周りカビ取り・除菌・清掃 壁のカビ取り・除菌・防カビ処理 壁・天井:珪藻土左官 珪藻土用防かび処理 内窓を単板ガラスから複層ガラスに入れ替え。

朝霞市岡 マンション】
事例を読む »


窓の寒さよけの布が原因でカビた壁の防かび改修

かびの生えた洋室

リフォーム前

防かびリフォーム後の洋室

リフォーム後

リフォーム前の状況

 北側の腰窓からの寒さを防ぐために覆った布が原因で壁にカビが生えてしまいました。

リフォーム概要

壁紙剥がし 既存壁の下地ボードのカビ取り・防かび処理 オリジナル防かびパテによる壁紙下地処理。オリジナル防カビ糊による壁紙施工

板橋区西台 集合住宅】
事例を読む »


北側の窓周りの結露とカビを防ぐ 防露・防かび・断熱改修工事


窓下の壁を解体して断熱を入れる工事中

窓下の壁解体中

防カビ剤を窓周りの壁に塗布

防カビ剤塗布作業中

防かびリフォーム後

断熱材施工作業中

お客様の要望

 遊びにくる孫のためにカビが生える壁面と内窓を防露・防かび・断熱仕様にしたい。

リフォーム前の状況

 窓の外は共用通路で、冬、北風の通り道となっており、室内の壁まで冷やされ結露が生じる状況でした。

リフォーム概要

内壁解体後、躯体コンクリートのカビ取り・除菌・防かび処理 防カビ処理建材を使っての壁の軸組 断熱材の敷設 オリジナル防カビパテによる壁紙下地処理 オリジナル防かび糊による壁紙張り替え 既存単板ガラスの防音用アルミサッシ(内窓)の撤去と複層ガラス入り樹脂サッシへの変更

【中野区丸山 マンション】
事例を読む »


結露とカビで傷んだ壁の改修と防かびリフォーム

防かびリフォーム前

リフォーム前

防かびリフォーム後

リフォーム後

リフォーム前の状況

 マンションの北西の角部屋です。部屋の模様替えをしようと、家具をどかしたところ壁にカビが生えていただけでなく、 結露でコンセント廻りの壁まで傷んでいました。

リフォーム概要

壁紙剥がし 壁の既存ボードのカビ取り・防カビ処理 壁紙下地処理用の粗パテ、仕上げパテは全て防かび仕様
壁紙もオリジナル防かび糊を使って張り替え 結露で傷んだコンセント周りの壁の防カビ補修 カーペット の張り替え

朝霞市根岸台 集合住宅】
事例を読む »


カビた和室の塗り壁(京壁)を防かび処理後、壁紙仕様にリフォーム

リフォーム前の和室

リフォーム前

防かびリフォーム後

リフォーム後

リフォーム前の状況

 納戸として使っていた和室を居間として再利用しようとしたところ、塗り壁(京壁)にカビの斑点が現れ、木部にもカビが生えていました。

リフォーム概要

カビが生えた既存京壁撤去 京壁撤去後の除菌・防かび処理 柱・鴨居等の木部の灰汁(あく)洗いとカビ取り後の防かび処理 オリジナル防カビ処理合板による壁下地の造作 オリジナル防カビパテによる壁紙下地処理 オリジナル防カビ糊による壁紙施工 テラス窓と肘掛窓のガラスを単板ガラスから複層ガラスに変更 他

新座市野火止 一戸建住宅】
事例を読む »


漏水でカビた天井のリフォーム

かびた天井の解体

リフォーム中

防かびリフォーム後

リフォーム後

リフォーム前の状況

 洗面所と洗面所へと続く部屋は、上階での漏水後、染みた天井を綺麗にするために、合板を貼って壁紙を張りました。
 リフォーム前の天井は若干下がっている程度で、内部の酷い状況など全く想像もできませんでした。ただ、何処からともなく漂うカビ臭が気になってはいましたが…。

リフォーム概要

 当初は、浴室・洗面所・洗濯機置き場・トイレ・ウォークインクローゼットの改修に伴う間仕切り壁の移動と壁紙の張り替えを予定していました。ところが、天井の壁紙を剥がしにかかると、天井板の合板はバラバラと剥がれ落ち、裏側にカビが大繁殖していることが判明。急遽、天井を解体し防カビ仕様での内装リフォームを追加実施することとなりました。
 ご紹介内容は漏水によるはだけ落ちた合板とカビが蔓延したジプトーン天井の解体 現場外での建材の防カビ処理作業 防カビ処理された建材を使っての天井造作 既存壁のカビ取り・除菌・清掃と防カビ処理 オリジナル防カビパテによる壁紙下地処理 オリジナル防カビ糊による壁紙施工 などです。
 漏水後のカビ繁殖の恐ろしさを垣間見れますが、気分を害する内容を含みますので、閲覧にはご注意下さい。

【杉並区井草 集合住宅】
事例を読む »


キッチン入替時の防カビ内装リフォーム

キッチンの側板のカビと傷み

かびの発生源か?

食器棚背面の壁のカビ

食器棚背面のカビ


キッチン交換と防カビリフォーム後

キッチン+防カビ内装リフォーム後

リフォーム前の状況

 カビたキッチンの側板が影響しているのか?何度かび落としをしても、時間が経てば再発するカビ。食器棚背面の壁、ベランダへ出る掃き出し窓下のフローリング、天井と壁との入隅、出窓周りのカビが止まりません。『せっかくリフォームをしても再発しては元も子もない。』そんな思いの中、キッチンリフォームを機にカビが再発しない防カビ内装リフォームを希望されていました。

リフォーム概要

食器棚背面の壁、ベランダへ出る掃き出し窓下のフローリング、天井と壁の入隅、出窓周りのカビ取り・除菌・防カビ処理
オリジナル防カビパテによる壁紙下地処理 オリジナル防カビ糊による壁紙施工 リアルに仕上げる石積み調アクセントウォール ファインセラミック調フロアタイル張り他 防カビ内装リフォームやリアルに仕上げるアクセントウォールについてのこだわりもご覧いただけます。

朝霞市溝沼 マンション】
事例を詳しく見る »


カビが生えた在来浴室をかび取り・防カビ・断熱後にユニットバスへリフォーム

キッチンの側板のカビと傷み

リフォーム前

キッチン交換と防カビリフォーム後

リフォーム後

リフォーム前の状況

 マンションのタイル張りの在来浴室で室内には常時換気窓があり、冬の寒さは尋常ではありません。壁内に断熱材は無く、タイル壁上部の塗り壁にはかびが繁殖。以前、カビに効果があるとされる珪藻土をタイル上の壁に塗ってみましたが改善するどころか悪化してしまいました。

リフォーム概要

 ユニットバスへの入れ替えに際して、給湯器の交換 浴室小窓の閉塞 浴室壁のカビ取り・除菌・防かび処理 外皮壁への断熱ボード張り 壁付け換気扇の取り付け等をご覧いただけます。作業の様子や、リフォーム前後の比較もご覧いただけます。

【杉並区井草 マンション】
事例を詳しく見る »


ユニットバスへの入れ替えに伴う洗面脱衣所の防カビ・断熱リフォーム

キッチンの側板のカビと傷み

リフォーム前

キッチン交換と防カビリフォーム後

リフォーム後

リフォーム前の状況

カビが蔓延した在来浴室と隣の洗面脱衣所の外皮の壁には断熱材がありません。浴室同様、かび被害を受け、随所にカビ取りした痕跡がありました。

リフォーム概要

 今回のリフォームは、カビが大量発生した在来浴室のユニットバスへの入れ替えに伴う洗面脱衣所の改装工事ですが、『冬暖かく、かびが生えないにようにしたい。』というお客様のご要望にお応えします。壁・梁のカビ取り防かび処理防カビ処理建材による天井のやり替え、床・壁への断熱ボード張り、洗面脱衣所の間取りとレイアウトの変更、片引戸の設置、洗面化粧台の入れ替え、洗濯機パンの新設、洗濯機上への可動棚の設置、窓への高遮熱・高断熱複層ガラスの内窓の設置他、工事の様子もをご覧いただけます。

【杉並区井草 集合住宅】
事例を詳しく見る »


玄関の防カビリフォーム

玄関の防かびリフォーム前

リフォーム前

玄関の防カビリフォーム後

リフォーム後1年半経過

リフォーム前の状況

 マンション北側の玄関です。玄関扉周囲の壁には玄関ドアと鋼製枠に発生した結露による湿気でカビが所々繁殖。下足箱内部にまでカビが発生。

リフォーム概要

 玄関ドア鋼製枠と壁との取り合いに熱橋遮断処理を施し、壁の結露の発生をおさえました。カビ発生部位のカビ取り・除菌・防カビ処理後、天井・壁のクロスと床のクッションフロアを張り替えました。また、セパレートタイプの下足箱はトールタイプに入れ替えました。作業の様子もご覧いただけます。

朝霞市 マンション】
事例を詳しく見る »


クローゼット内の壁の断熱と防露・防カビリフォーム

クローゼット内のリフォーム前

リフォーム前

クローゼット内の防カビリフォーム後

リフォーム後

リフォーム前の状況

 約4.5帖の洋室のクローゼットですが、カビの状況が酷く内部にものが入れられません。

リフォーム概要

 今回のリフォームは、約4.5帖の洋室の断熱・防露・防カビ改装工事の一環として実施したクローゼットのリフォームです。カビ取り・除菌・防カビ処理だけでなく、外皮に面する壁には断熱材を敷設しました。クローゼット扉は折戸タイプから開け閉めするにも場所を取らない引戸タイプに変更。内部の棚類にはシステムユニットを利用。クローゼット内のカーペットは直貼りでしたが新規では下にフェルトを敷き込みました。リフォーム前は床と壁との取り合いに幅木はありませんでしたが新たに取り付けました。工事の様子もご覧いただけます。

練馬区南大泉 集合住宅】
事例を詳しく見る »


洗濯機と洗面化粧台周りの防カビリフォーム

防かびリフォーム前の洗濯機まわり

リフォーム前

防かびリフォーム前の洗濯機まわり

リフォーム後

リフォーム前の状況

 壁紙は以前リフォームの際に張り替えたものです。その後カビが生え始めると、かび取り剤で落としたのですが、何度も再発する有り様で、ラックや備品を動かしてのカビ取り清掃がだんだん億劫になって、半ばあきらめかけていたとのことです。
 今回の浴室リフォームでは、家族の健康にも悪影響のあるカビも退治しようと、ユニットバスへの入れ替えと防カビリフォームの両方を実施できる住まいるパートナーにご依頼いただきました。

リフォーム概要

 空気の流れが悪い洗濯機と洗面化粧台の背面の壁が特に酷く、カビ取り・除菌清掃後、オリジナル防カビ仕様によるクロスの張り替えと、天井への換気扇の取り付けをしました。リフォーム後2年経過した際の訪問でもカビは生えていませんでした。

西東京市 一戸建て住宅】
事例を詳しく見る »

防カビ・防露・断熱リフォームのご相談は以下からどうぞ。

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先

防カビリフォーム工事承り地域

埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 
東京都 練馬区 板橋区 西東京市 
周辺