よく片付く
キッチン収納をつくる

興味深い統計があります。

ある上場企業が191名を対象にキッチンについてのアンケートをしたところ 今使っているキッチンの『収納』に53.9%の方がご不満を感じていることが分かりました。

どんなことが原因でしょうか?

などなど。

一旦交換したら、そう安々とはやり替えないだけに、 リフォームして間もないうちからご不満をお感じの方の痛みは大きいですね。

リフォーム後に御不満を感じないようにするには何を注意すれば良いか?

キッチンリフォームには、 忘れてはならない鉄則があります。

キッチンが物の出し入れを伴う作業場であるということです。

この鉄則を軸に、 出し入れする収容物は、ワークエリアのどこで主に使われるのか?
出し入れの 『頻度』 はどの程度か?
どんな 『収納』 の種類が適しているか?
を検討し、 『収納』 の 位置を決めていくと 使いやすいキッチンが出来上がります。

さて、キッチン収納 については、T様にも、 いろいろな『ご不満・ご要望』がありました。

住まいるパートナーの
キッチンリフォームの進め方

住まいるパートナーでは、キッチンリフォームを承る際、 最初に今のキッチンについてのご不満や 新しいキッチンについてのご要望を心置きなくお話しいただきます。

それから、 既存キッチンの寸法、下台や吊戸の構成、 各キャビネット、調理台やシンクの大きさ、 どんなものが、どこにしまわれているか?まで、お調べします。

キッチンのレイアウトや使い方の変更を希望される場合でも、 既存のキッチンはしっかりお調べします。

というのも、既存キッチンの使い方が、 新しいキッチンの設計に大いに役立つからです。

収納について言えば キッチン周りが片付かないのは、収納不足によるものだけではありません。
不自然な動線や使い勝手の悪さが原因であったり、 視覚的に片付いて見えない場合もあるのです。

キッチンリフォームでは、そのようなご不満・ご要望が複数あっても、 機能的な収納や機器を採用することでいっぺんに解決してしまうケースもあります。

そこで、 キッチンリフォーム見学会 『収納編』 では、 『リフォーム前、どんな状況で、何が問題だったのか?そして、どんなご要望があったのか?』を まず、『不満・要望編』で先にご覧いただき、

どう解決したかを後からまとめて
『解決編』 でご覧頂くようにしました。

このキッチンリフォーム見学会はキッチンリフォームを成功させたい方に向けて 出し惜しみせずに書いたつもりです。

ですから、この先も長いです。
チャチャっとキッチンリフォームをやりたいとお思いでしたら、見ない方が良いと思います。

「本当に使いやすいキッチンをつくりたい。
キッチン収納のツボをおさえたい。
住まいるパートナーのやり方に興味ある。」
という方には是非参考にしてもらいたいと思います。


キッチンの収納を使いやすくしたい

不満と要望の多いキッチン収納 『不満・要望編』


住まいるパートナー

先ずは、リフォーム前のキッチン本体から見てまいりましょう。

リフォーム前のキッチンの写真

奥様

我が家のキッチンセットは、壁際に据え付けられているけど、一般的なものじゃないかしら?

見学者

そうかしら? 随分大きいように見えますけど・・・

奥様

そう言われて見ると、 部屋の横の寸法が約2間(3540㎜)で、 縦が約1間強(1880㎜)だから、 部屋の広さ(約4帖)の割には大きいかも知れないわね。

リフォーム前のキッチン収納

住まいるパートナー

そうですね。一般的には、幅2間の壁には、下図のように

よくあるキッチンの配置図

幅2550㎜~2700㎜のキッチンと冷蔵庫が置かれているのを見かけますね。
これと比べても、T様邸のキッチンは大きいようです。

見学者

右手の壁の収納棚とカウンター(黄線)もキッチンセットですか?
キッチンの配置図
リフォーム前

奥様

これは、後から造り付けたものなのよ。
リフォーム前のキッチンの写真
リフォーム前のキッチン図面

見学者

大きめのキッチンセットと造り付けの収納棚、 それに、食器棚もキッチン内とダイニングの2ヶ所にあって 収納は十分足りている感じですね。
キッチンの配置図
キッチンの配置図

奥様

そう?でもね・・・

とT奥様は冷蔵庫の先を指差しました。外からは見えないキッチンの一番奥・・・。

住まいるパートナー 住まいるパートナー

アレッ~!
リフォーム前のキッチン
キッチンの奥

『動かせるから便利!』が謳い文句のキャスター付きワゴンが
まさか邪魔になるなんて!

奥様

普段良く使う小物の置き場がないので、 『動かせるから便利!』 と思ってキャスター付きワゴン(緑)を買ってみたけど・・・
扉の開け閉めのたびに、どかすのは、便利どころかわずらわしくって・・・。
結局、片隅で邪魔もの扱い。

見学者

確かに肩身が狭そうですね。

住まいるパートナー

可動式ワゴンは、使う際に手元に引き寄せられるのは便利なんですが、 頻繁に『もの』の出し入れをする台所では、 使わないときの格納場所がないと邪魔になるんですね。

『解決編』ではこのようなキャスター付きワゴンを使わないでも 小物が十分納まる収納をご紹介します。

奥様

それにね、ゴミ置場にも困ってるのよ。

ゴミ置場が足りない!

キッチンのゴミ置き場
リフォーム前の図面

キッチン収納の悩み1分別ゴミ置き場がない。

見学者
手前側(黄色で囲った部分)が可燃ゴミで、 奥側(赤で囲った部分)が、不燃ゴミね。
あれ?ビン・缶類はどこに置いているんですか?

奥様
台所には、置けないから、 玄関から一番遠いバルコニーに置いているのよ。

住まいるパートナー
ゴミの分別制度ができる以前に建てられたお宅では、 ゴミ置場に苦慮されているケースは多いですね。

奥様
出す間際に分別するのは面倒でしょ。
だから事前に分けておきたいけど、置場に困るのよ。

分別ゴミの収納場所の悩み

住まいるパートナー
分別してゴミを保管できるようにするのは、
リフォームのポイントですね。

『解決編』では、機能的な分別ゴミ置場をご紹介します。

奥様

他にも嫌になっちゃうことがあるの。
うちのキッチンはいくら片付けても、片付いているように見えないの。
いつでも、雑然としてるのよねぇ。

いくら片付けても雑然と見える
キッチン周りをどうにかしたい

T様邸の台所は、部屋に入ってすぐ右手にありますが、 水きり棚、ガラス戸の調味料入れなどは

リフォーム前のキッチン

置いているものがまともに見えてしまいます。

リフォーム前のキッチン
リフォーム前のキッチン

奥様

水切り棚は、調理道具や調理器具でいっぱいでしょ。
調理道具って、下台の扉に掛ければ鍋やボールにガチャガチャぶつかって扉が閉まりにくいでしょ。
壁に掛ければ、埃や油汚れが気になるし、ホント置場に困っちゃうのよね。

見学者

それで、ついつい水切り棚に置き放しにしてしまうのも分かる気がするなぁ。
それに、出し入れするにもこのほうが、使いやすいし。

住まいるパートナー

他にもキッチン回りを賑やかにしているものがありますね。

見学者

オープン棚や
リフォーム前のキッチン
リフォーム前のキッチン

下台上の備品類ね。

リフォーム前のキッチン
リフォーム前のキッチン

住まいるパートナー

でも、近くでよく見てみると、しっかり片づけられています。
リフォーム前のキッチン
キッチンリフォーム前の図面

見学者

うちも同じだわぁ。

チョッとここで休憩して、すぐにリフォーム工事で解決できないという方にも 費用を余りかけずに、『雑然と見える台所』を解決する方法をご紹介します。

雑然としたキッチン収納の解決法


キッチンの収納を使いやすくしたい

長さが3.5m以上ある
キッチンセットなのに、 キャビネットに物が収まらないのでしょうか?

見学者

ところで、 ゴミの分別制度が始まって、 ゴミ置場が足りなくなったのは分かるけど、 それ以外の『もの』が溢れているのはどうしてかしら?

住まいるパートナー

そうですね。先ずは、キャビネットの中身を拝見してみましょう。
リフォーム前のキッチン
キッチンリフォーム前の図面

すると

見学者

“アレアレ???”

リフォーム前の収納

てっきり、ぎゅうぎゅう詰めかと思っていたのに。

奥様
あんまり入ってないところもあるでしょ。
出し入れしづらくて使ってないのよ。

キッチン収納の悩み

吊戸や下台がいくらあっても、
しまうに相応しい収納庫が無い。

住まいるパートナー

冒頭にご紹介のキッチンのアンケートでは、 58.1%の方は収納量が足りていないと感じているそうです。
余分なものが多すぎるのでしょうか?それとも、本当に足りないのでしょうか?

実は、T様のように、そのいずれでもない場合もあります。

奥様

下台は、出し入れのとき、かがみこまなければならないのがつらいし、

ガスコンロの下の収納
シンク下の収納
シンク下の収納

奥様

奥の物の出し入れには、手前のものを一旦動かさなければならないが面倒なのよ。
だから、ホントは料理に合う鍋を使いたいけど、同じ鍋を使っちゃうの。

見学者

コーナーキャビネット(黄線)は、いかがですか?

リフォーム前のキッチンコーナー収納

奥様

中は広いけど、入口が狭くて。それに・・・

キッチンコーナー収納の回転テーブル

奥様

回転テーブルを回すのがやりづらいのよ。

見学者

回しているときに器具が引っかかることもあるしね。

住まいるパートナー

吊戸はどうでしょう?
リフォーム前のキッチン吊戸棚
リフォーム前のキッチン吊戸棚

奥様

出し入れのたびに、踏み台が必要でしょ。結構これが大変なの。
足元がおぼつかないと怖いし・・・。

見学者

よく使う器具はしまう気にはなれないわね・・・。

これでは、収納がいくらあっても、片付かないわけです。

分別ゴミや小物を載せるワゴン置場に困っているのに 吊戸や下台の中は、まばらだったりする。

収納はあるのに、肝心なものがしまえない。

こんな理由で『もの』があふれてしまうこともあるのです。

あなたは、いかがですか?

この問題は、ただ器具を交換するだけでは、 到底解決しません。

住まいるパートナー

さて、次のご不満やご要望も、よくあるキッチン家電置場・電気設備についてです。

キッチン家電置場・電気設備に
まつわる4つのご不満

住まいるパートナー

あなたのお宅でも、こんな事件が起きたことはありませんか?
『バチッ』『アーア、おっこっちゃった。』
電気ブレーカーのスイッチです。
たこ足配線や別の部屋から延長コードで引っ張ってはみたものの、 いざ使ってみれば、このありさま。

奥様
うちもね、ご飯炊きながら、電子レンジを使ったりすると、 ときどき、ブレーカーがおっこっちゃうのよ。

見学者
同時につけると容量が足りないんですね。

奥様
だからね、そういう時は、 あっちこっちのコンセントを抜き差ししながら、 しのいでいるのよ・・・。
それにね、もともと、電化製品をまとめておけるような場所もないし、
コンセントだって一ヶ所にまとまってないのよ。

リフォーム前写真

リフォーム前の家電置場
リフォーム前の家電置場

見学者

そういわれてみれば、電化製品(黄色)は バラバラに置かれている感じですね。

奥様

そうでしょ。だから延長コード(赤)がいるのよ。
これが掃除の時、ホント邪魔なのよ。掃除機で吸いにくいし・・・。

住まいるパートナー

埃が原因で、火災になったニュースが時々ありますね。
電化製品がまとめて置けて、器具に応じたコンセントが配置できれば 配線もゴチャつかずにお掃除も楽になりますね。

住まいるパートナー

ところで、あなたの台所の家電置場と電気設備はどんな状況ですか?
リフォームのときこそ、以下の問題はしっかり解決しましょうね。

『解決編』では、 家電収納庫だけでなく、分電盤や電気回路、コンセントについてはもちろんのこと 特に、集合住宅のリフォームでは、知っておいて欲しい電気設備のポイントも 取り上げています。

マンションでリフォームをご検討でしたら、是非ご覧下さいね。


住まいるパートナー

さて、これまでT様邸の『収納』についてのご不満・ご要望を見てまいりました。
次は、いよいよ、どのように、解決していったかをご覧いただきますが、
その前に、もう一度『収納』についてのご不満・ご要望を振り返っておきましょう。

『収納』 だけでも、かなりたくさんありますね。

どうすればいつも自然と片付く、使いやすいキッチンになるのでしょうか?
一つ一つ見ていきましょう。

不満と要望の多いキッチン収納
『解決編』

住まいるパートナー

T様邸の既存のキッチンの
『収納』を調べてわかったことがあります。
それは、
リフォーム前
リフォーム後

です。

見学者

でも、家電置場と、ゴミ置場は大丈夫?

住まいるパートナー

もちろん。家電とゴミ置場は、作業動線も鑑みながら割り振りを考えていきます。
収納位置を煮詰めていけば、機能的な台所ができそうですよ。

出し入れしやすい収納庫の組み合わせ方

見学者
キッチンリフォーム完成後の
楽しみの一つは、練り上げてつくったキッチンに、
直に触れて、動きやすさを実感することよね。

住まいるパートナー
そうですね。
『台所』 が、ほかの『居室』 と違う
『作業場』であるという部屋の属性を意識して
リフォームをすすめていくのがポイントなんです。

キッチンの動きやすさを実感

見学者作業場か・・・。

住まいるパートナー『台所』での作業には、

キッチン作業1 食材・調味料の出し入れ
キッチン作業2 調理器具の出し入れ
キッチン作業3 調理道具の出し入れ
キッチン作業4 下ごしらえ
キッチン作業5 調理
キッチン作業6 盛り付け
キッチン作業7 食器の出し入れ
キッチン作業8 洗い物
キッチン作業9 ゴミの出し入れ

などがあります。

キッチンでは様々な動きをします

どの作業にもついて回るのが、『もの』です。 

 見学者 食材、調味料、調理器具、調理道具、下ごしらえ、食器、ゴミ・・・本当にそうね。
 今まで、考えもしなかったわ。
住まいるパートナー

『もの』の出し入れをする場所が『収納』ですが、 広い意味では一時的な仮置き場も、『収納』と考えて良いと思います。

台所内部の動きやすさを追求するには、 作業動作の『無理』・『無駄』・『ムラ』を無くすことですね。

『もの』の動きに目を向けて、『収納』の種類や構成を考えてみるのがコツなんですよ。

つまり、『もの』の動きに合わせて、 『収容位置』と『収納の種類』を絞り込んでいくと、 キッチン廻りは動きやすくなるわけです。

リフォーム後のT様邸の台所の概略から見ていきましょう。

リフォーム後の図面
リフォーム前の図面

奥様

あれ、キッチン本体は随分小さくなるみたいだけど・・・。

住まいるパートナー

キッチン本体の幅は1,950㎜と、約4割小さくなりました。
それと、オープンキッチンになったので、吊戸もありません。

奥様

吊戸も無いの?

住まいるパートナー

もともと、高い場所への収納は、使い勝手があまり良くなさそうなので、思い切って取り去りました。

見学者

広々するわね。いままで、吊戸、食器棚、ワゴンに収納していたものを
壁側の壁面収納とダイニング側の対面ユニットに振り分けて収納するのね。

住まいるパートナー

そうですね、多少入れ替えは出てきますが、キッチン本体も含め3列構成で収納します。
リフォーム後のキッチン
リフォーム後のキッチン

住まいるパートナー

いいですか、それでは、『もの』を使う『場所』と『頻度』にあわせて 『収容位置』と『収納の種類』を考えていきますよ。
キッチン本体には、もっとも利用頻度の高いものを収納します。

見学者

調理道具、調理器具、調味料、キッチン小物などね。

奥様

ねぇねぇ、食洗機を入れるの忘れないでね。

住まいるパートナー

食洗機は、一時置場になるのですが、 シンク上にあった水切り棚と似ていて、
食器などの常時置場となっているお宅もありますね。

見学者

でも、水切り棚と違って中身が見えないのがいいわね。
壁面収納には、どんなものが入るのかしら?

住まいるパートナー

家電、分別ゴミ、食器類、ドライフード、根菜類、調理器具、調理道具、 キッチン小物、食器・タッパー類。
壁面収納への出し入れは、振り返り動作が必要になるから、 利用頻度の低い調理器具、調理道具を収納するのがポイントですよ。

奥様

対面ユニットには、どんなものが入るの?

住まいるパートナー

浄水器、利用頻度の低い食器類、ダイニングで使う小物類なんかですね。

さて、収容されるものに視点を置き換えて、見てみましょう
リフォーム前の調理道具は、こんな風にシンク上の水切り棚に置かれていましたね。

リフォーム後の図面
リフォーム前の図面

T様邸では、

とのご不満とご要望がありました。

ほかのお宅でも

キッチン収納の悩み 調理道具などは、水きり棚や水きり籠に置き放しになっていて、使うときに掻き分けながら取り出す。

キッチン収納の悩み 開き扉の内側に掛けてあるけど、開け閉めのたびにガチャガチャぶつかり合う。

キッチン収納の悩み 壁にフックで吊ってはいるけど、雑然と見えて、埃も気になる。

調理道具の収納

といったことをよくお聞きします。

このようなご不満を抱えたお宅には、 こんな『調理道具収納』はいかがでしょうか?

収納

見学者

引き出しの面材部分が手前に開いて、調理道具専用の『ドアポケット』になっている。
これなら、出し入れも手軽にできるわ。

パタパタくんの収納

奥様

中は、調理道具が一つ一つ別々にかけられるから、
ごちゃごちゃにならないし。
洗ってすぐに掛けられるように、
脱着式の水受け皿がついているのも気が利いてるわ。

住まいるパートナー

鍋やボールなどの調理器具が入った引き出しは、
『ドアポケット』を閉めたままで引き出せるので、
調理道具がぶつかることもありません。
『ドアポケット』なら調理道具と器具がぶつかって閉めづらいことありません 。

奥様見学者

い・い・わ・ねぇー。

住まいるパートナー

わずかな空間を利用した、まさに下台内部の 『隙間収納』 といえますよね。

見学者

まさに、
『調理道具にうってつけ!』ね。

住まいるパートナー

『ドアポケット』なら、
  • 水きり棚や水きり籠に置き放しになっていて、使うときに掻き分けながら取り出す。
  • 開き扉の内側に掛けてあるけど、開け閉めのたびにガチャガチャぶつかり合う。
  • 壁にフックで吊ってはいるけど、雑然と見えるし、埃も気になる。

こんな、調理道具置場の不満から解放されます。

つまり、清潔で、スムーズに出し入れできて、片付くというわけです。

さて、リフォーム前に、下台や水切り棚に置かれていた
鍋、フライパン、ざる、ボール等の調理器具はどうなりましたでしょうか?

リフォーム前
リフォーム前

T様邸では、

キッチン収納の悩み 出し入れするのに手前のものを動かさなければならない。

キッチン収納の悩み 吊戸や下台がいくらあっても肝心なものがしまいづらい。

キッチン収納の悩み ふさわしい収納庫が無い。

こんなご不満がありましたね。

これらの、使用頻度の高い調理器具は、
できるだけキッチン本体に収容します。

見学者

ところで、
調理器具に 『うってつけの収納』 とは、どんなものなの?

住まいるパートナー

『引出』 はどうでしょうか?
奥にしまわれてあっても、手前まで全て引き出せる
『フルスライドタイプ』 というのは?
引き出し収納なら奥まで一目瞭然
スライドタイプの収納

奥様

開き扉と違って、これならかがみこんで、いったん手前のもの出さなくても
スムーズに出し入れできるわ。

見学者

でも、引出は良いけど、重いものを載せて動かすのに、耐久性は大丈夫なのかしら?

住まいるパートナー

良いところに気が付きましたね。
最近では、引き出しタイプのキッチンが良く採用されるようになったのですが、
是非知っておいて欲しいことがあります。

キッチン選びのポイント

キッチンリフォームのポイント 引き出しタイプはレールで選ぶ

キッチン選びは、
気に入った柄の面材や機能的な収納を選ぶのも楽しみの一つですが、
耐久性のある 『扉金物』 が使われているかどうかは、
見落としてはならないポイントなんです。

『扉金物』とは、
扉の開け閉めに使われている蝶番や引き出しレールのことです。

これは、わたし自身の経験なんですが、
我が家では、今から20年前に
TOTO社の開き扉タイプのシステムキッチンを、取りつけました。

衛生機器以外では、後続の感が否めないTOTO社でしたが、
全体的にしっかり作られていて、
細部の仕様まで一つ一つ選べるところが気に入りました。

『ビルトハープ』 というタイプでしたね。

ところが、使い始めて、わずか数年で、
開閉蝶番のガタが起こり始めました。

ものもちの良い我が家にとっては、とてもショックな事件でした。
蝶番以外の部分は全く問題が無かったのですが・・・

どうやら、重厚な扉の重さに、蝶番の耐久性が不足していたようです。

他の造りが良かったので、この点には気付きませんでした。

結局、有料で交換する羽目にあいました。

どんなに見た目が良かろうが、機能性が優れていても、
可動部分の部材の強度不足で故障すれば収納としては失格です。

そういった意味では、新商品などで新しい機構が採用されたとしても、
すぐにとびついたりしては駄目ですね。

可動部分の要は耐久性にありますから。

現在の日本のキッチンメーカーの主力モデルでは、
ソフトクローザー付きの引き出しレールとして、
オーストリアのブルム社やドイツのヘティヒ社製を 採用しているところが多いようです。

ちなみに今回のサンウエーブ社(現:リクシル)のキッチンは
ブルム社製が使われています。
個人的には、是非ブルム社のレールをお奨めしたいと思います。

それは、たんにブルム社が家具金物のトップメーカーという上辺だけのことではありません。

開発者たちが、
『レールの性能はキッチンや家具の寿命(約20年)以上に 保持されるべき。』
という信念をもって、設計している点に感銘を受けたからです。

まさしくその信念が、
10万回開閉後でも、 製品性能が保持されている(ブルム社内基準)引き出しレール
生み出したことは、『Made in Japan』 と称された我国のメーカーでさえも兜を脱ぐ逸品
だと思います。

それに余談ですが、
ブルム社の家具金物には、なんと偽物まで出回っているのです。

まるで、ルイ・ヴィトンのバッグみたいですね。

開発者の想いがこめられたレールを使っているキッチンを
是非、お選びいただきたいと思います。

ここ最近になって
日本の廉価版モデルの引出タイプのキッチンセットにも
オプション選択できるものが増えてきました。
外見ではわからないので、ご注意くださいね。


奥様

引出って閉めるときに勢い余って、バタンバタンしないの?

住まいるパートナー

はい、その点も、閉まる瞬間静かにしまる
『ソフトクローザー』機構付きのレール金物なので心配いりません。

見学者

ところで、使用頻度の高い調理器具は、できるだけキッチン本体に収容するって言ってたけど
具体的にはどう仕舞うの?

住まいるパートナー

下図は、リフォーム後のキッチン本体を正面から見たところですが、
キッチンの正面図
リフォーム後の収納

中央に食器洗浄機がありますね。
ちょうどその幅で上部は調理台になっているんです。
そして、調理台を挟んで、右側にシンク。左側に加熱器があります。

調理器具はできるだけ使用場所のソバに収納しておき、使う時にすぐ出したいものです。

調理器具は、おおまかに加熱器側とシンク側で使い分けされます。

加熱器の下の収納内部
シンク下の収納内部

左が加熱器側で、右がシンク側でこんな感じになります。

加熱器側には、鍋、フライパンなどの調理器具を加熱器すぐ下の赤の2段の引き出しに、
シンク側には、ボール、ざる類をシンク下の青の2段の引き出しにしまいます。

奥様

上下2段になっているので、開き扉のキャビネットより、収納内部の空間を有効に使えるのね。

住まいるパートナー

ついでに、調理の時使う調味料置場も見てみましょう。
調理台前には、頻繁につかう塩、砂糖、小麦粉、片栗粉類が置けるラックがあります。

ハンディゾーンの収納

見学者

これなら、ちょうど、カウンターの下に隠れるから、覗き込まない限り、
ダイニング側からは見えないし、出し入れするにも使い勝手が良いわね。

奥様

小分けする前の調味料のボトル、キッチン小物・雑貨類は、食器洗浄機の下、
小分け後の調味料容器は加熱器脇の小引き出しに仕舞えるのね。

食洗機の下にも収納

住まいるパートナー

調味料は調理の時に、小分けしたものを使用するので、
他に利用頻度の高いものがあるならば、ボトルは、
背面の壁面収納を利用するのも良いと思います。

見学者

キッチン本体の収納のつくり方、なんとなくイメージできたわ。

さて、引き出し収納をお選びいただく際、ご注意いただきたい点が、
もう一つございます。
ショールームでも話題に出ない場合がありますが、
使い勝手に直接関わることなので重要です。

キッチン選びのポイント

キッチンリフォームのポイント  ご注意
 高齢者ならライン把手は避けるべき

住まいるパートナー

さて、次はT様邸の キッチン収納の要 とも言える壁面収納です。
両サイドには、
トールキャビネットの立面図
キッチンのトールキャビネット

上段に乳白色で半透明な面材を使った引き違い戸と
下段に引き出し収納が組み合わせられた
トールキャビネットを採用しました。

マルチストッカーといいます。

トールキャビネット

見学者

上部の引き違い戸を開けると、中は、棚と引き出しになってるのね。

サンウエーブのマルチストッカー

住まいるパートナー

内部のバリエーションは、棚板、引き出し、ダウンウォールを自由に選択・組み合わせができて
こんなに豊富なんです。

マルチストッカー内部の様子

見学者

これなら、使い勝手に合わせて選べますね。

奥様

うちのは上部5段が棚板で、
下部3段が引き出しの8段構成なのよ。

住まいるパートナー

引き出し部分には、ワゴンや、天板に置かれていたキッチン小物類を
棚板部分には、リフォーム前のオープン棚に置かれていたものをしまうようにしました。
リフォーム前の写真
リフォーム前の収納

見学者

これで、

キッチン収納の悩み 『動かせるから便利!』なはずのキャスター付きワゴンが邪魔になっている!

キッチン収納の悩み いくら片付けても雑然と見える収納棚

も解決しますね。

住まいるパートナー

さて、両脇にある引き違いのキャビネットについて、
収納の ポイント をお伝えします。

マルチストッカー内部の様子

なるべく作業中に使う物を、ワークエリアに近い中央(赤)側にしまっておきます。
作業中は、引き違い戸を開け放っておくと、オープン棚同様に使えるわけです。

奥様

なるほど、仕舞う場所次第で使いやすくなるのね。

見学者

作業をしない時は、もちろん閉めておけるから、
最も目に付く所にあっても雑然とは見えないしね。

奥様

それにね、一番下の引き出し収納(青い部分)はさりげなく優れ物なのよ。

マルチストッカー内部の様子


キッチンリフォームのポイント ポイント

住まいるパートナー

引き出しの正面に小さな穴が開いていて
空気が庫内と外で行き来できるようになっています。

見学者

深さが32㎝もあるので、
根菜類や、使用後のペットボトルを洗ってしまっておくのにうってつけね。

奥様

根菜類や使用後のペットボトルって結構置場に困るのよね。

住まいるパートナー

引出レールはここも、静かに閉まるブルム社のソフトクローザー機構付きですよ。
ブルム社の説明はこちら
それにね、このマルチストッカーが優れているのは、これだけではありません。
というのも、

キッチンリフォームのポイント ポイント

見学者

わぁー、扉面材も組み合わせができるんだぁ!

奥様

そうなのよ、うちの場合は、キッチン本体の面材は部屋の建具に揃えたでしょ、
でも、壁面収納と対面ユニットも同じ面材にしてしまうと、部屋が重苦しくなっちゃうでしょ。

住まいるパートナー

扉面材を、面材タイプやと透明タイプを組み合わせることで
インテリアの雰囲気を調整することができるのです。
半面材タイプのカップボード
面材タイプのカップボード
半透明のカップボード

見学者

そこで、マルチストッカーの扉と対面ユニットの腰上部分の扉を
半透明にすることで軽やかさを演出することができたのね。

リフォーム後のキッチン

住まいるパートナー

雑然と見えてしまうオープン棚の短所を補って、
出し入れしやすい長所が活かされたマルチストッカー。
片付けても片付けても雑然としてしまうオープン棚の代わりにいかがですか?

見学者

二つのマルチストッカーの間はどうなってるの?

リフォーム後のカップボード

住まいるパートナー

中央右のハイカウンターキャビネット(黄色)の上2段には、 スプーン、フォーク等の普段使いの食器類

ハイカウンターキャビネットの下2段(赤)には、
利用頻度のそれほど高くない調理器具をしまうようにしました。

カップボードの収納

調理器具は重いものが多いので、たまに使うものでも できれば運ぶ距離は短い方が良いですね。

キッチンの収納動線

見学者

加熱器、調理台、シンクのどの位置で使う調理器具でも、
振り返ればすぐ出し入れできるというわけね。ときどき使うのならこの位置で十分。

奥様

それにね。その上の吊戸も今までより使いやすくなったのよ。
普段使いの乾物類やタッパー容器類を下段に、余り使いわないものは、上段にしまうことにしたの。

リフォーム前のゴミ置場

見学者

吊戸は今までとそんなに変わって見えないけど何がそんなに違うの?

奥様

そうでしょ!見た目じゃ分からないでしょ。リフォーム前後で見比べてみると分かるかしら?
リフォーム前の吊戸
リフォーム後の吊戸

見学者

エー?分かんないわ?梁が無くなったことくらいしかわからないわ。

住まいるパートナー

惜しいですね。もう少し離れてみると気が付くんじゃないかな。

リフォーム後

見学者

アーッ!分かった!リフォーム前の梁の凸凹を無くして天井を平らにしたのね。
だから、幕板の分だけ新しい吊戸の方が低い位置についているわけね。

奥様

大正解!!

見学者

天井の高さが変わったのに、全然違和感が無いわね。

奥様見学者

さ・す・が・ねぇ!

住まいるパートナー

ありがとうございます。さて、次は多くのお宅で厄介もの扱いの分別ゴミですが、⇒詳しく見る

リフォーム前のゴミ置場

どんな風になりましたでしょうか?


ゴミ置き場こそキッチンの中心に!

奥様

今までゴミ箱は台所の一番奥だったでしょ。
それがね、足元で使えるようになったのよ。

見学者

足元で?野菜を洗って下ごしらえするときなんかは、
皮や切れ端を捨てるのに、便利そうね。
でも足元に置きっ放しでは邪魔じゃない?

奥様

それがね重宝なのよ。使う時だけそばに置けるの。
使わない時は、ホラッ!後ろのカウンターの下にしまえるのよ。
リフォーム後のゴミ箱収納
リフォーム後のダストワゴンの位置

住まいるパートナー

『ダストワゴン』 といってキャスター付きで使うときだけ引っ張り出せるわけです。

見学者

これなら、普段は邪魔にならないわね。

住まいるパートナー

ゴミも3種に分別できます。

キッチンリフォームのポイント ポイント

住まいるパートナー

壁面収納に格納されると、中身はスッポリ隠れて見えません。

リフォーム後の収納

市販のゴミ袋スタンドでも良いけれど、
壁面収納の一部に溶け込んだデザインが
いつでも片付いたすがすがしい気分にさせてくれます!

さてお次は、

台所によくある家電置場・電気設備にまつわる4つのご不満

  • 家電置場がバラバラで片付かないし、使いづらい。
  • 配線が邪魔っ気。
  • コンセントが足りない。
  • ブレーカーがバッツン、バッツン落ちる。

といったご不満を解決しましょう。

T様邸の電化製品は、

リフォーム前の家電
リフォーム前の電気ポット

こんな風でしたね。

まずは、バラバラにおかれていた電化製品をひとまとめに納めたところからご覧頂きます。

背面カウンターと家電収納に家電製品をまとめて収納!

バラバラに置かれていた電化製品は

リフォーム後のキッチン収納

住まいるパートナー

『壁面収納』 の『カウンターの上』と、
『家電収納庫』にまとめて置けるようにしました。

リフォーム後の家電置場

カウンター下の『家電収納庫』にはポットと炊飯器。
カウンターの上には電子レンジを置きますが、
吊戸との間が広いので、その気になれば、
ご覧のとおり、オーブントースターなどの一時置場にもなります。

奥様

こうすると、電子レンジの右側に1mほどのスペースができるので、
作業カウンターとしても使えるのよ。

見学者

空間の立体利用も考えておくって大切なのね。

奥様

キッチンの幅は1950㎜と小型になったでしょ、
でもすぐ後ろに電化製品が置かれた作業カウンターがあるから
調理台がだだっ広くて、横歩きするよりも使い勝手が良いのよ。

見学者

まとめて家電品を置くには、電源も整備しなければならなかったんでしょ。

住まいるパートナー

そうですね。リフォーム前には、

電気の悩み電気容量が不足していてときどき、ブレーカーが落ちてしまうことがある。

電気の悩み台所内のコンセント不足で延長コードが床を這いまわっている。

などのご不満がありましたね。

チョッとここで、集合住宅で電気工事をする場合の重要な点に触れておきたいと思います。

電気工事のポイント 知っておいて!集合住宅で
リフォーム時の電気工事の注意点

簡単に集合住宅の電気設備についてご説明します。

集合住宅などでは、新築時の建築計画で、
各戸のアンペア数は決められます。

そして、それに合わせて、建物全体の受電容量が検討され、
受電装置や各戸までの配線の太さなどが決まっていきます。

ところが、多くの電化製品を使うようになった現在では、古い建物では、
電気配線や設備が貧弱で、各戸で電気容量を増やそうと思ってもできない状況があります。

ですから、
IHクッキングヒーターへの交換工事やエアコンの増設等で、
大容量の電源を必要とする機器を導入する場合は
事前の確認が必要になります。

奥様

うちもね加熱器をガスコンロからIHクッキングヒーターに
交換するのに今までの電源では全然容量が足りなかったのよ。

住まいるパートナー

そうですね。それで、東京電力にも調査を依頼して、
建物全体の電気の利用状況なんかも調べたりしてから工事をすることになったんでしたね。

奥様

コンセントの数だけではなく、分電盤も変更したり、電力会社との契約アンペア数を増やしたり・・・

住まいるパートナー

もちろん機器に必要なアース付きコンセントや、専用回路も増設しましたね。
キッチンには、全部で4系統の回路を引き込むことで、
ブレーカーのダウンも起こらなくなりました。

消費電力の大きい器具も多いので回路にも余裕をもたせるのがよいでしょう。

リフォーム前は全部で8回路

リフォーム前の分電盤

リフォーム後は13回路に整理し、新たに回路を引く際の予備も設けてあります。

リフォーム後の分電盤

奥様

リフォーム後は、電源が落ちることが無くなって快適よ。

見学者

実際どんな風になってるの?

4口コンセントと2口コンセントの家電収納で 無駄な配線をスッキリ納めました。

住まいるパートナー

新たに設置した『家電収納』 には2口のコンセントが付属されています。

キッチンの家電収納

さらに、カウンター上で使う機器のために、背面の壁に
『4口のコンセント(赤線部分)』 をつけました。

カウンターの上でオーブントースターや電子レンジ以外に、
別の家電製品を使う場合でも同時に差し込めるようにコンセントに余裕を持たせました。

見学者

エッ?でも、同時に4つも使わないでしょ?

奥様

もちろん、同時には滅多に使わないわ。

住まいるパートナー

電化製品を同時に使うために4口を設置したわけでは無いのです。
あくまでも作業に余裕を持たせるのが目的で、これが、隠れたポイントなんです。

奥様

4口のコンセントがあれば、最大4種類の電化製品が同時に使用できる状態になっているでしょ。
そうすると、料理中、面倒なコンセントの抜き差しをしなくて済むのよ。

住まいるパートナー

それにね、濡れた手による感電の危険も減らせます。

見学者

コンセントは、器具のすぐ後ろにあるから、コードも裏側に隠れるのね。

奥様

家電置場ができて床を這っていた配線もなくなったから床掃除の際のわずらわしさもなくなったわ。

見学者

キッチンに立ってても、振り返れば使える位置にキッチン家電があると
料理もテキパキはかどりそうね。

奥様

料理の合間合間に使うキッチン家電だからこそ、振り返える位置にあるのはホント便利よ。
キッチンの家電収納
キッチンの家電収納

奥様

キッチン本体の大きさは、元の6割ぐらいの大きさになったけど、
家電置場のあるカウンター付きの壁面収納との組み合わせで、
使い勝手の良い2方キッチンになったわ。

住まいるパートナー

『調理台とは別に使い勝手の良い作業台も欲しい。』 そんな気持ちにもお応えしました。
2歩は歩かせません。そんな距離の家電置場のあるカウンター付きの壁面収納です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

住まいるパートナーでは、個々のお客様のご希望を叶えるキッチン造りに懸命に取り組んでいます。

キッチンの構成の一点、一点をお客様と共に吟味し検討した上で、お客様自身に最終決定をしていただいています。

ですから、出来上がったキッチンはどれも皆、お客様のご希望を高い次元で満たすものとなっています。

キッチンリフォームは、そう度々やるものではありません。

ですから、いつまでも、天板を『イイコ。イイコ。』とスリスリ撫でていただけるようなキッチン造りを私たちは目指しています。

リフォームをされた方の
ご感想を紹介します。

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先

キッチンリフォーム工事承り地域
東京都 練馬区 板橋区 西東京市 
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺



キーワード検索でこのページをはじめてご覧になった方へ。

このお宅のキッチンに関する他の工事は下記でご覧になれます。

丸見えの壁付けキッチンを手元が隠れて部屋中見渡せるオープン対面キッチンにリフォーム

1983年に建てられたT様邸のキッチン・リビングの改装リフォーム工事を
通じて弊社のキッチンリフォームについての取り組みをご紹介します。

単なるキッチンセットの交換と違う、チョッピリこだわったキッチンリフォームの様子をご覧下さい。

⇒ キッチン WEBリフォーム見学会1プロローグを見る

Contents

丸見えのキッチンをリフォーム丸見えのキッチンをリフォーム部屋の入口から丸見えだったキッチンを一変させたアイデアをご紹介。

事例を見る »

動きやすいキッチンのつくり方 キッチンを動きやすくリフォーム器具や収納の配置さえ考えればキッチンの動線は完璧でしょうか?

事例を見る »

家族とふれあえるキッチンにリフォーム 丸見えのキッチンをリフォーム キッチン作業中に隣のリビングにいる方との会話がしづらい状況を改善した事例をご覧下さい。

事例を見る »

キッチンの視界をスッキリとリフォーム キッチンの視界をすっきりとリフォーム 視界がうっとうしく感じる原因についてお考えになったことありますか?リフォーム前後の違いをご確認下さい。

事例を見る »

オープンキッチンにリフォーム 手元が隠れるオープンキッチンにリフォーム オープンキッチンにしたいけど、ワークトップへの視線が気になるというなら、こんなプランはいかがですか?

事例を見る »

片付くキッチンにリフォーム 片付けやすいキッチンにリフォーム 収納は十分な容量だけがあれば良いのでしょうか?出し入れしやすい収納作りのコツをとくと公開いたします。

事例を見る »

ダイニングの収納も充実 キッチン背面収納も充実したキッチンリフォームキッチンの背面収納が大容量になる際、ダイニングに隣接する対面キッチン造りを失敗させないための抑えてほしいポイント。

事例を見る »

暑いキッチンをリフォーム 暑いキッチンをリフォーム 暑いキッチンを解消した7つの実施策とリフォーム前後の1年間に渡る光熱費の比較表を公開。実際の効果を御確認できます。

事例を見る »

ガスコンロからIHにリフォーム IHにリフォーム IH経験ゼロのT様が、弊社で安心して導入できたその訳は・・・

事例を見る »

使いやすいキッチンにリフォーム 高さの合ったキッチンにリフォーム キッチン作業による体への負担と家計への負担を軽減するキッチン造りの
基本と裏技をご紹介。

事例を見る »

浄水器を天板に置かないリフォーム キッチン天板上の浄水器を隠して収納 キッチンカウンターの上で使っていた浄水器ですが,新しいキッチンでは隠し技を使ってみました。

事例を見る »

継ぎ目のあるキッチンをシステムキッチンにリフォーム システムキッチンにリフォーム 継ぎ目があるキッチンにお困りなら,キッチンリフォームの基礎をお教えいたしましょう。

事例を見る »

キッチンの換気扇をリフォーム
レンジフードをリフォーム 『たかが換気扇』 と侮るなかれ!
音・吸い込み・お手入れのしやすさが格段に進化したレンジフードをご存知ですか?

事例を見る »

キッチンの床をリフォーム キッチンの床をリフォーム ブヨブヨになった床にはワケがある。ワケも気にせずそのまま直して
良いですか。

事例を見る »



キッチンをリフォーム


ご挨拶
ご覧いただきまして、ありがとうございました。
『丸見えの壁付けキッチンを手元が隠れて部屋中見渡せるオープン対面キッチンにリフォーム』はいかがでしたでしょうか?
住まいるパートナーでは、建築士アドバイザーがご要望の承りと現地調査を実施し、ご提案を差し上げています。
LDK改装リフォームのご相談は以下からどうぞ。

メールでのお申し込みはこちらから
電話でのお申し込みは048-466-1141までお気軽にどうぞ。

LDK改装リフォーム工事承り地域>

埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 東京都 練馬区 板橋区 西東京市 周辺