L型キッチンのリフォーム

当ウェブページを初めてご覧になる方へ。
このウェブページでは、弊社の施工した 『規格外(特殊寸法)のL型システムキッチンのサイズオーダー(特注)リフォーム』について 部位毎のご紹介をしています。
先頭ページからご覧なりたい方は→『リフォーム概要編』をクリックしてください。

ご希望の方にはリフォーム工事も承っています。

さて、リフォーム前の キッチン・ダイニング・リビング・洋室・廊下の床はライトオーク柄のフローリングでした。 リフォーム前のダイニング

木質系の床材の捨て貼りフローリング、根太掛けフローリング、遮音フローリングは いずれも12㎜以上の厚みがあるものが一般的ですが、 リフォームでは、敷居、開口部の下枠、沓摺、玄関框との取り合いの納まり上、上張りできないケースが多々あります。 ダイニングと居室の取り合い 例えば今回のお宅の様に間仕切戸の敷居が床から約4㎜しか上がってないと、 12㎜のフロアを上張りすれば敷居より床の方が高くなってしまいます。 ダイニングの床との段差 敷居天端と床との段差内で納まる厚みの床材を上張りすると今までの段差も解消しスッキリ納まります。

そこで、床には幅180㎜×長さ1,200㎜×厚み2.5㎜の ビンテージオーク調フロアタイルを貼っていきます。
以下はサンプルです。 ビンテージオーク調のフロアタイル

古木調床材
(ビンテージ風フロア)張り

さて、フロアタイルの貼り付け作業をご紹介します。
床はキッチン据付前に仕上げます。 キッチン撤去後のキッチン

床を張る際に注意しなければならないのが割り付けです。

玄関から廊下、そしてダイニングキッチン、南側洋室へと同じ柄を張り進めていきます。

マンションの図面

出来るだけ細いピースが入らないようして、目地を揃えることが望ましいのですが、 間取に凹凸が多いとどうしてもどこかしらに細いピースが入ってしまいます。
それをなるべく目立たないところに持ってくるように割り付けていくのが腕前です。

先ずは玄関と廊下の幅に合わせて割り付けを検討し、 玄関と廊下の割り付け

続いてダイニング入口から部屋内へと確認していきます。

ダイニング入口の割り付けを確認

ダイニングの割り付け

壁面ラインの凹凸によりフロアの切れる位置も変わってくるので、 フロアタイルの割り付けを確認 何通りか検討して最も目地の割り付けが良いものを採用します。

目地の割り付けを確認

できれば、床下収納庫の蓋に貼るフロアタイルの目地も床と揃えたいところです。 床下収納庫の割り付けも確認

割り付けが決まり、墨壺を使って床に基準線を墨出し(印付け)します。 墨出し

床の墨付け

既存の床を下地にする場合は、事前に点検して 床鳴り箇所の床締めをします。

床なりの点検

床鳴り箇所の床締め

古いお宅では床鳴りは完全には止められない場合もあります。

事前作業を終えて、接着剤を塗布していきます。 接着剤の準備

接着剤の塗布 適正量になる櫛目ベラを使って接着剤を塗布していきます。

櫛目ベラを使って接着剤を塗布する

フロアタイルの接着剤を塗布する

接着剤は塗布後一定の時間を置き、定められた時間内で張っていきます。
壁際は作業の逃げ場に空けています。 接着剤塗布後に時間を置く

長手方向は不規則に並ぶように割り付けていきます。

不規則に並ぶように割り付け

フロアタイルの施工

仕上りには職人のセンスが出ます。

並べながらローラーで圧着していきます。 ローラーでフロアタイルを圧着

切り欠き加工する場所を除いて大よそ張り終えました。 フロアタイルの施工

ドア枠の凹凸を型取りし、 ドア枠の凹凸を型取る

仮置きして確認し、 フロアタイルを仮置きして確認

微調整します。 フロアタイルの加工

良い感じになりました。 ドア枠周り

全体を確認しながら再度ローラーで圧着していきます。 ローラーで圧着する

キッチン内部迄張り終えました。
床下収納庫の蓋はキッチン設置後に仕上げます。

フロアタイル施工後 リフォーム後

フロアタイル施工前 リフォーム前

完成後のキッチン~ダイニングの床です。 フロアタイル施工後のダイニングとキッチンの床

ダイニング

リフォーム前のダイニング入口 リフォーム前

リフォーム後のダイニング入口 リフォーム後

ダイニングから洋室

リフォーム前ダイニング建具 リフォーム前

リフォーム後のダイニング建具 リフォーム後

キッチン側からダイニング入口

リフォーム前のダイニング リフォーム前

リフォーム後のダイニング リフォーム後

ダイニングからキッチン入口

リフォーム前のキッチン入口 リフォーム前

リフォーム後のキッチン入口 リフォーム後

リフォーム前のキッチン リフォーム前
内装リフォーム後のキッチン リフォーム後

住まいるパートナー 
最後までご覧いただきましてありがとうございました。
『規格外(特殊寸法)のL型システムキッチンを手頃な費用でサイズオーダー(特注)リフォーム』の 『④キッチン床を古木風(ビンテージオーク調)フロアタイルでリフォーム編』 はいかがでしたでしょうか?

本物を似せて作った疑似材の出来映えが年々良くなっています。
内装建材にこだわって本物を使うとなると、費用も高くなりますが、 お手頃価格で雰囲気を味わうこともできるようになりました。

内装にも人それぞれ好みがあります。
あなたの描いているキッチンイメージ造りのお役に立ちたいと思います。

ご相談お待ちしております。

メールでのお申し込みはこちらから
電話でのお申し込みは048-466-1141までどうぞ

キッチンリフォーム工事承り地域
東京都 練馬区 板橋区 西東京市 
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

さて、以下では
『④キッチン床を古木風(ビンテージオーク調)フロアタイルでリフォーム編』以外の
リフォーム内容を要約した『ダイジェスト』と『作業の様子』もご紹介しております。宜しければご覧下さい。


L型キッチンのリフォーム

ダイジェスト

作業の様子



キッチンリフォーム

キッチンリフォームのご相談・お問い合わせ・お見積のご依頼は

いかがでしたか? L型キッチンリフォームのご相談は下記からお気軽にどうぞ。

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先

<キッチンリフォーム工事承り地域>
東京都 練馬区 板橋区 西東京市/
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

L型キッチン以外のキッチンリフォーム事例は『キッチントップページ』からご覧になれます。
住まいるパートナーでは住宅のリフォーム全般についてのご相談をお受けしています。
詳しくは『お取り扱いリフォーム工事』 欄の各バナーをクリックするとご覧になれます。