L型キッチンのリフォーム

当ウェブページを初めてご覧になる方へ。
このウェブページでは、弊社の施工した『規格外(195㎝×150㎝)のL型キッチンリフォーム』の際の 『作業の様子』をご紹介しています。先頭ページからご覧なりたい方は→『先頭ページへ』をクリックしてください。

ご希望の方にはリフォーム工事もお受けしています。

さて、早速ご紹介に移りましょう。

キッチン据え付け前にキッチンパネルを貼る部分の欠損部の壁や 壁紙を貼る部分の壁の不陸を調整します。

コンロ台があった左側の壁にはキッチンの天板が埋まっていた跡があります。 キッチンの天板が埋まっていた跡

キッチンパネルを貼る前にパテで欠損部分を穴埋め補修します。 欠損部分を穴埋め補修 また、タイルを剥がした際の傷も補修します。

一度のパテ打ちで欠損部分を埋めきれない場合、 何度かに分けて、打ち増しします。 パテの打ち増し

ダクトのやり替えやダウンライトに付け替えた際の天井の補修跡も 壁紙を貼る際に段差にならないようにパテで下地調整をします。

天井の補修跡をパテで下地調整

天井のパテ処理

壁紙を貼る際に不陸が生じそうな箇所は全てパテで平らに均します。

壁のパテ処理

壁紙を貼る前のパテ処理

下り壁や壁の出隅部分は目に留まりやすい部分ですが、 シャープに仕上げるためにコーナー材を取り付け、

コーナー材を取り付ける

コーナー材を取り付ける作業

パテでしごきます。

パテ処理

コーナーのパテ処理

キッチン内はこの日3度目のパテ打ちとなります。

3回目のパテ打ち

壁紙を貼る前のパテ処理

だいぶパテが乾いてきました。完全に乾いたら表面を研磨して平らに均します。

パテ処理後 パテ処理後

パテ処理前 パテ処理前

住まいるパートナー
最後までご覧いただきましてありがとうございました。
『規格外(195㎝×150㎝)のL型キッチンリフォーム 』 『壁の下地調整編/作業⑥』はいかがでしたでしょうか?

この続きは『キッチンの壁見切り縁の取り付け/作業⑦』をご覧下さい。

メールでのお申し込みはこちらから
電話でのお申し込みは048-466-1141までどうぞ

キッチンリフォーム工事承り地域
東京都 練馬区 板橋区 西東京市 
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

さて、以下では
『規格外(特殊寸法)のL型システムキッチンを手頃な費用でサイズオーダー(特注)リフォーム』の
『⑥ 壁の下地調整編』以外の リフォーム内容を要約した『ダイジェスト』と 『作業の様子』もご紹介しております。宜しければご覧下さい。


L型キッチンのリフォーム

ダイジェスト

作業の様子



キッチンリフォーム

キッチンリフォームのご相談・お問い合わせ・お見積のご依頼は

いかがでしたか? L型キッチンリフォームのご相談は下記からお気軽にどうぞ。

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先

<キッチンリフォーム工事承り地域>
東京都 練馬区 板橋区 西東京市/
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

L型キッチン以外のキッチンリフォーム事例は『キッチントップページ』からご覧になれます。
住まいるパートナーでは住宅のリフォーム全般についてのご相談をお受けしています。
詳しくは『お取り扱いリフォーム工事』 欄の各バナーをクリックするとご覧になれます。