L型キッチンのリフォーム

当ウェブページを初めてご覧になる方へ。
このウェブページでは、弊社の施工した 『規格外(特殊寸法)のL型システムキッチンのサイズオーダー(特注)リフォーム』について 部位毎のご紹介をしています。
先頭ページからご覧なりたい方は→『リフォーム概要編』をクリックしてください。

ご希望の方にはリフォーム工事も承っています。

経年により床下収納もそれなりに傷んできます。
住設品や内装材などのメーカー製品は時間が経つと大部分は廃版になります。 リフォーム前の床下収納庫 リフォーム前

だいぶガタついていたので このままリフォームしてお使いいただいても、 いくらも使わないうちに壊れてしまいそうでしたので、

床のリフォームをする今回、一緒に交換修理をお奨めしました。

リフォーム後の床下収納庫 リフォーム後
床の色に揃え、蓋の枠はブロンズを選び、 フロアタイルの目地も床に揃えています。

交換作業をご覧いれます。

床下収納庫交換作業

敷いてある養生を一旦剥がします。 養生を一旦剥がす

まずは、既存を撤去します。蓋を外し、収納庫本体を取り出します。

床下収納庫の撤去
床下収納庫をはずす

ビスを外して枠も撤去します。

床下収納庫のビスをはずす
床下収納庫の枠をはずす

新規の床下収納庫は既存の木下地がそのまま活かせるものを探したのですが、いかがでしょうか? 新しい床下収納庫

一旦、蓋受けのフレームを組んでみて フレームを組む

開口部に入れ込んでみると、ピタリと合いました。

フレームを合わせる
交換するフレーム

でも、このまま取り付ける訳にはいきません。
床にフロアタイルを張り込むので蓋受けフレームの高さ調整が必要だからです。
蓋受けフレームを留める受け材の高さをフロアタイルの厚み分の2.5㎜だけ持ち上げます。

微妙な寸法なので、 直接ビスで留めると受け材がズレやすいので、
下穴を開ける ずれないように一旦下穴を開けてから

ビスで留めていきます。 床下収納庫の交換

フレームを留める前にフロアタイルの切れ端を枠下に敷いておきます。

フロアタイルの切れ端を枠下に敷く
床下収納庫を入れる

こうして置くとフロアタイルを張り込むまでの間に荷重が掛かっても フレームが歪まずに済みます。

本体を入れ込んで、 床下収納庫を入れる

中央のフレームを仮置きし、 加工する蓋の採寸をします。

板材を蓋の大きさに加工し、 床下収納庫の蓋

蓋のフレームにもフロアタイルの切れ端を挟んで、ビス留めし、

フロアタイルの切れ端を挟む
補強フレームを取り付ける

蓋の裏面には補強フレームを取り付けます。 床下収納の蓋 リフォーム前は1本でしたが、2本になって強度が上がりました。

同様にして2枚の蓋を作ります。出来た蓋を仮置きしてみます。 回転把手の位置を決める 良さそうですね。

2枚の蓋を並べて左右対称になるように回転把手の位置を決め、墨出しし、 把手の位置決め

開口して取り付けます。

把手の開口
把手の取付

出来上がった蓋を再度仮置きして納まりを確認。修正すれば、

蓋を再度仮置きして納まりを確認
床下収納庫の蓋を仕上げる

OKです。 床下収納庫の蓋を仕上げる

綺麗に納まったところで木下地にフレームを本留めしていきます。

木下地にフレームを留める
床下収納庫を交換

パーテーション、ワイヤーラックを入れ込み、蓋をすれば、 床下収納庫の入れ替えの木工事は完了です。後ほど、仕上げのフロアタイルを表面に貼っていきます。

新しい床下収納
フロアタイルを貼る前の床下収納

床下収納庫仕上げ

さて、床にフロアタイルが張られ、キッチンも据え付けられたので、 床下収納庫を仕上げます。まず、蓋のフレームを外します。 蓋のフレームを外す

蓋の加工は広いところでやります。
新しく張られた床の目地に合わせて蓋にも張っていきます。 フロアタイルを床下収納庫の蓋に貼る

蓋の形に合わせてフロアタイルをカットしていきます。 フロアタイルをカット

続いて基材に糊付けします。 糊付け

万遍なくしっかり塗り込んでオープンタイムを取ってから オープンタイムを取る

貼り込みます。 フロアタイルを貼る

回転把手取り付け部分を開口します。 取っ手部分の開口

フロアタイルの突き付けの部分はしっかりローラーで転圧します。 ローラーで転圧

最後に枠フレーム・補強フレーム・回転把手他を組み立てれば、 蓋の組立

完成です。

リフォーム前の図面 リフォーム前

リフォーム前のコンロキャビネット リフォーム後

柄も揃って、ビンテージ風古木調フロアのいい味が出ています。 リフォーム前のコンロキャビネット

住まいるパートナー
最後までご覧いただきましてありがとうございました。
『規格外(特殊寸法)のL型システムキッチンを手頃な費用でサイズオーダー(特注)リフォーム』の 『⑦キッチン床へのフロアタイル張り伴う床下収納庫の交換』 はいかがでしたでしょうか?

キッチンの床のリフォームでは、床下収納庫のやり替えは見落とされがちです。
床下収納庫のフレームは経年劣化で歪んできます。
できれば、同時にやり替えしたいものです。

フロアタイルなどの疑似材の出来映えが年々良くなっています。
内装建材にこだわって本物を使うとなると、費用も高くなりますが、 疑似材ならば種類も豊富でリーズナブルな費用でリフォームが可能です。

好みがありますね。
住まいるパートナーではあなたの抱いているイメージのキッチン造りにお手頃価格でお役に立ちたいと思います。

ご相談お待ちしております。

メールでのお申し込みはこちらから
電話でのお申し込みは048-466-1141までどうぞ

キッチンリフォーム工事承り地域
東京都 練馬区 板橋区 西東京市 
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

さて、以下では
『規格外(特殊寸法)のL型システムキッチンを手頃な費用でサイズオーダー(特注)リフォーム』の
『⑦キッチン床へのフロアタイル張り伴う床下収納庫の交換』編以外の
リフォーム内容を要約した『ダイジェスト』と
『作業の様子』もご紹介しております。宜しければご覧下さい。


L型キッチンのリフォーム

ダイジェスト

作業の様子



キッチンリフォーム

キッチンリフォームのご相談・お問い合わせ・お見積のご依頼は

いかがでしたか? L型キッチンリフォームのご相談は下記からお気軽にどうぞ。

お電話でのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ先

<キッチンリフォーム工事承り地域>
東京都 練馬区 板橋区 西東京市/
埼玉県 朝霞市 和光市 新座市 志木市 周辺

L型キッチン以外のキッチンリフォーム事例は『キッチントップページ』からご覧になれます。
住まいるパートナーでは住宅のリフォーム全般についてのご相談をお受けしています。
詳しくは『お取り扱いリフォーム工事』 欄の各バナーをクリックするとご覧になれます。